ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:民営化 ( 3 ) タグの人気記事

民間企業が政府に競走で負けた件

2009年06月19日 掲載
LEC大学がパンク! インチキ改革のなれの果て

 小泉―竹中コンビの構造改革特区で生まれた「株式会社大学」、LEC東京リーガルマインド大学が、2010年度以降の学部生の募集停止を決めた。資格試験予備校の東京リーガルマインドが運営し、東京や大阪など全国14カ所にキャンパスがあるが、志願者減少が著しく、今年度は18人しか入学していない。累積赤字は30億円に達する。07年には、ビデオ映像を流すだけの授業がバレ、文科省から改善勧告を受けている。小泉―竹中は、何でも民営化すればバラ色のようなことをほざいていたが、大間違いだった。


以上、ゲンダイネットより。

まぁ、民営化なんてこんなもんだろう。

面白いのは、国立大学より株式会社大学の方が志願者が少なく、そして恐らくは志願者のレベルも低いと予想されることである。(例えば東京大学や京都大学とLEC大学の志願者を比較してほしい。)

教育市場という市場競争で民間企業、それも株式会社が公共機関に負けたようなものである。まぁ、今は国立大学と言っても政府が直接やっているわけではないが。

いずれにせよ、「民間がやれば効率的(効果的)、官庁がやれば非効率(効果が悪い)」というステレオタイプは成り立たないということである。

メインブログの更新が全然できないが忙しすぎるのでしょうがない。というか、ライフスタイルが変わってきたのでブログを更新し続けることは困難だと思う。まぁ、書けるときに書いて、社会で起こったことに対して思ったことなどの記録にしておくことにしたいものだ。
[PR]
by zarathustra1883 | 2009-06-19 21:04 | 政治ニュース

次々と表面化する新自由主義政策の破綻?

<エムケイグループ>保育園など30カ所休園 11月から

10月31日15時1分配信 毎日新聞

 関東地方を中心に保育園などを運営している「エムケイグループ」(東京都豊島区)の資金繰りが悪化し、系列の保育園など約30カ所が11月から休園になることが31日分かった。同社によると、資金繰りの悪化に伴い、保育士らの給与が支払えなくなっている。保育園などの運営は今月末で終了し、11月以降の運営については近隣の関係機関に協力を求めるという。【木村健二】

最終更新:10月31日15時1分

数年前までやたらとPFIとかNPMとかという言葉が行政学関連の業界で流行っていたのだが、これなんかはまさにそういうやり方の破綻を示している事例だと言えよう。民営化すればよくなるとか、「民間にできることは民間に」なんていうキャッチフレーズも同じことである。

私としては、推進論者がどんなコメントをするか聞いてみたいものだ。

彼らの議論を聞いていていつも思ったのは、彼らはこうしたことが起こっても困ったことだという認識が非常に薄いということ。つまり、他人事でどうでもいいと思っている。それは政策を考えるスタンスではないのだが、そのことが理解出来ていないということだ。

しかし、現実にこうした問題が起きてしまうと、彼らは本音を語ることもできず、開き直るか、あるいは苦し紛れのとってつけたような言い訳をせざるを得ないのではないか。
[PR]
by zarathustra1883 | 2008-11-04 01:40 | 社会

軍事の民営化がもたらすもの(メモ)

アメリカでは軍事の民営化が進んでいる。

この動きは、戦時の不法行為を増やすだけでなく、ゲリラなどの拡散(育成)にもつながる可能性が高い。

「理由なく市民殺害」 ブラックウオーター事件でFBI
2007年11月14日20時36分

 イラクの首都バグダッドで今年9月、米民間軍事会社「ブラックウオーター」の警備要員がイラク人市民多数を銃撃・殺傷した事件について、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は13日、連邦捜査局(FBI)によるこれまでの捜査結果として、犠牲者の大多数に対して発砲するような理由はなかったことが分かった、と報じた。

 複数の政府・軍当局者の話として伝えた。亡くなった市民17人のうち、少なくとも14人については、銃撃を正当化できるような根拠は一切ないという。別の米軍調査では、すべて不当だとの結論が出たとされる。

 しかし、刑事訴追する可能性については、海外で活動する民間軍事会社を規制する米国法制度の問題から、悲観的な見方も出ているという。


このブラックウォーターという企業は、クーリエ・ジャポンの2007年12月号が紹介しているワシントン・ポストの記事によると、9.11事件以後、急成長していることがわかる。2001年10月の米軍によるアフガン空爆以降、連邦政府との契約額は600倍以上に増えており、2006年には6億ドル近くに上っている。

まさに、ブッシュ政権での「小さな政府」志向の政策の恩恵をふんだんに受けた企業だと言える。

このほかに興味深いのは、04年にイラク勤務を経験した米海兵隊の退役大佐トマス・ハムズの次のような発言である。すなわち、ブラックウォーターの警護員の横暴さのために、民間人を味方に引き入れることが肝要な対ゲリラ作戦がうまくいかなくなった、というのである。

彼らのような民間企業が軍事に従事しても、政府は直接その責任を負うわけではないために、直接的な説明責任は誰も持たないことになる。企業は雇われて活動しているだけだと言うだろうし、政府は委託した任務をやっていると言ってしまえば、それ以外の点についての横暴な行動などについて誰も明確な説明責任を負わない。

その点で、軍事の民営化は軍規の弛緩をもたらす傾向にあると思われる。つまり、無秩序的な暴力行使がなされるということだ。ブラックウォーターはまさにそれを実証する事例であるといえよう。

以上、まとめきってないが、メモしておく。
[PR]
by zarathustra1883 | 2007-11-19 00:32 | 軍事・防衛