ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:メディア ( 5 ) タグの人気記事

中国共産党が人民に隠したいこと

中国、18分野の報道禁止 グーグル撤退直前に通達

2010年3月25日5時31分

 【北京=峯村健司】中国メディアを管理する共産党中央宣伝部が、人民元の切り上げをめぐる対中批判や食品安全事件など、18分野の報道や独自取材を禁じる通達を報道各社に出していたことがわかった。米インターネット検索最大手のグーグルが中国本土での検索事業の撤退を表明する直前、大衆が不満を募らせる問題の報道を抑え込む異例の通達に踏み切っていた。中国筋が明らかにした。

 通達は劉雲山・共産党中央宣伝部長名で、21日に主要な新聞、テレビ、ラジオ、インターネットニュース各社にファクスで送られた。日曜日にこうした動きがあるのは異例。グーグルが22日に撤退を発表するとの情報を中国当局が事前につかんだため、急きょ通達を出したのだという。

 規制の内容は、2008年の北京五輪の直前に実施された規制を上回る「過去最大規模」(中国メディア幹部)。グーグル問題で米国は中国のネット検閲の中止を求めていたが、こうした敏感な問題で国内の世論を統一し、メディア規制を緩めることはしないという姿勢を明確に示す狙いがあったとみられる。

 劉部長は通達の中で、特に重要な事項として、米国が中国への圧力を強めている人民元の対ドルレート切り上げ問題を挙げた。米議員らによる中国批判の発言などを報じることを禁止。グーグル問題と同様、基本的に新華社通信の記事だけを使うよう定め、評論記事を書く場合は「米国の対応を批判する内容にするように」と強調した。

 このほか対象となった分野は、いずれも庶民が不満を募らせている問題で「報道が過熱すれば当局批判につながりかねない」(党関係者)との危機感がうかがえる。

 大手新聞社関係者は「読者の関心が高い内容がほとんど禁止され、何を報道すればいいのかわからない」と話す。インターネットニュース幹部は「グーグル問題が中国のメディア規制を結果として強めてしまった」とみている。

 中国外務省の秦剛・副報道局長は23日の定例会見で「国家の安全を害する情報を防ぐため、法にのっとったネット管理を緩めることはありえない」と断言している。

    ◇

 〈報道規制の対象〉

■人民元切り上げ問題

■官僚の腐敗

■高額な医療費

■食品安全問題・事件

■新疆ウイグル騒乱

■チベット騒乱

■貧富の格差

■戸籍制度改革

■食用油の価格高騰

■党幹部の人事予想

■大学の自治権拡大

■大学生の就職難

■四川大地震の学校倒壊問題や復興の遅れ

■山西省の不良ワクチン注射事件

■吉林省の製鉄所社長の殴殺事件

■重慶の警察と暴力団の癒着

■不動産価格の上昇と住宅難

■地価高騰をあおる不動産開発業者


報道や言論の自由を統制して隠そうとしているこれらの問題は、調査・報道されると中国共産党が自らの正当性を主張できない問題であると言えよう。
[PR]
by zarathustra1883 | 2010-03-26 00:32 | 中国

最近のワイドショーのネタについて

押尾(お塩)学とか酒井法子の「薬」関係のネタがワイドショーだけでなくニュース番組まで騒がせているようだが、タイミング的に選挙が決まった少し後ってのが胡散臭い。いわゆる無党派層に対して影響があるからだ。政治ネタをワイドショーで流さなくて済ますことによって、彼らの政治(選挙)への関心を低下させ、投票率を下げるという戦略ではないか、と勘繰りたくなる。それによって自公の負け方は相対的に小さくなるだろう。まぁ、民主党が勝ちすぎては困ると考える私の立場からすると必ずしも絶対的に悪いとは言わないが、選挙制度の歪みをこういう更に歪んだ形で調整するとなると、デモクラシーにとって由々しき事態だと言える。

政治家の発言はどんどん右傾化しているし、裁判員制度はプレゼンテーションの「分かりやすさ」が際立っているらしく、法定のあり方が大きく変わったようだが、検察側の方が弁護側よりも組織力がある分だけプレゼンのための準備をする余力があるという話を聞いて、かなり危険なにおいを感じている。いずれにしても明るい未来を展望できる状況ではないことは確かなようだ。
[PR]
by zarathustra1883 | 2009-08-10 03:20 | 今日のひとこと

石破がテレビに出まくってる件

石破はなぜ民法テレビに出まくっているんだ
3月6日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 先週に続いて、3月2日の日曜日も石破防衛相が民放テレビの報道番組にチョロチョロ顔を出していた。
 イージス艦事件でウソを重ねていることには、例の調子でペラペラ釈明でごまかし、「だからこそ防衛省の改革が必要なんです」なんてエラソーに繰り返していた。
 呆れたのは、民放テレビのキャスターたちが、「改革ができるのは石破さんしかいない。辞めずに頑張って」なんてヨイショしていたことだ。
 石破大臣は連日、国会で「不正確な情報を公表する方が問題だ」と、隠蔽工作を正当化しているが、それならそれでテレビになんか出ていないで、日曜日も防衛省に出向いて正確な情報集めや事故原因の究明に精を出したらどうなのか。テレビ局を渡り歩く時間的余裕なんてないはずだ。一体どこが「改革者」なのか。ジャーナリストの有田芳生氏がこう言う。
「防衛省の腐敗を50年以上も放置してきたのは、石破大臣が所属する自民党政権でしょう。それを今さら、防衛官僚や自衛隊幹部だけ悪者にして、正義漢ぶって改革とはお笑いですよ。『改革』『改革』と言っておけば世間はごまかせると甘くみている。小泉ミニチュアですね」
 こんな保身だけの食言大臣をなぜテレビ局はチヤホヤするのか。
渦中の人物を引っ張り出せば、視聴率が稼げる。だからテレビ局は石破大臣を出演させたい。無理して出演してもらえば、どうしても批判は控えざるを得ない。そういう構図です。しかし、石破大臣はいま最も重大な人物なのだから、せめて司会者やコメンテーターは、『改革は分かりますが、何をやるのか』と具体的な言質をとらなければいけないし、過去に石破大臣がどれほどの防衛省改革案を提言してきた人なのか検証してみせる必要がある。それをしないで、大臣の言うことをタレ流し、『辞めないで頑張って下さい』では情報操作です。誤った世論づくりに加担するものですよ」(有田芳生氏=前出)
 石破大臣は3日、朝のワイドショーにも生出演していた。どこまで“商売”する気か。

最終更新:3月6日10時0分

ヨシフの言うことに久しぶりに共感しちまった。
[PR]
by zarathustra1883 | 2008-03-08 21:44 | 政治ニュース

テレビの力、ブログの力(草稿)

この数日の自分のメインブログの動き(アクセス動向)をチェックして思うことは、テレビの力はやはり大きい、ということだ。

テレビ番組のタイトルをエントリーのタイトルに使うことで、その番組に関心を持った人がアクセスしてくるようだ。これを逆手にとって、政治に関心のない人々のアクセスを得て、「サワヤカな安倍晋三」テンプレートのような、面白くて衝撃的(笑撃的)な情報をエントリーに散りばめるなり、埋め込むなりしておくことは、それなりに意味があるかもしれない。

また、政治の話題にしても、アクセスが増えるのはテレビが取り上げた問題や人物であることが多い。新聞や雑誌ではそこまでの影響力はない。ウェブは第一次の情報源ではなく、受動的に受け取ることができた大量の情報のうち、気になったもの・関心があるものについてチェックするツールであるという意味で、情報源として第二次のものだと思う。

もちろん、そうでない分野もあるだろう。2ちゃんねるなどでネット上(だけ)で盛り上がる話題というのもあるだろうし。ただ、ネット上での盛り上がりというのは、実社会に反映しにくい。実際、ネット上で流行していることを実社会で話しても、周りの人はそれについてあまり知らないことが多いのではないか。なぜならば、ネットは個人で画面に向かってやる(見る)ものだから、実社会の活動として見た場合には、むしろ社会的というよりは個人的な活動の範疇に入るからだ。

話は変わるが、このことと関係して、「世に倦む日々」の直近のエントリーでの発言には違和感を感じる。残念ながらテサロニケ氏は、ブログというメディアの特性を捉え損ねている

彼はブログを「単なる個人の日記」的な感覚で扱うことを超えようとしているのだが、それはそれでよいと思う。しかし、そうすることでマスコミと対等な(代替する)立場までブログが高まるというのは誤りだろう。テレビはホストコンピュータを持つコンピュータネットワークのように一つの中心から一方的に情報が流れてくるが、インターネットは分散型のネットワークであり、スケールフリーだ。「すばらしいブログ」ができても、それはせいぜいブロゴスフィアの中のハブの一つに過ぎない。テレビによる情報流通ネットワークは違う。テレビ局は独占的な中心なのだ。複数のテレビ局の競合はあるが、チャンネル数はわずか一桁なのだから、寡占状態だ。

そのことはアクセス数で見てもわかるだろう。きっこの日記が例えば1日4万アクセスだとしても、視聴率たった5%のテレビ番組でさえ1億2千万×0.05=600万人が見ている計算になる。もちろん、しっかり見ている人はさらにその2割とか3割程度だろうが、ほとんど見ていないひとも同じくらいなわけで、そこそこ見ている人が6~7割くらいいると想像する。それでも600万×60%=360万人だ。たった数万のアクセスでは同等の影響力はないのである。

また、彼のようなエリート主義的な考え方ではうまくいかない(人を動かしていくことはできない)だろう。それは「強い個人」を仮定しているから、一時的にあるいはごく少数の有力ブログはあるとしても、それ以上にはならないのである。むしろ、ブログが人(政治)を動かすには、草の根の「誰でもできるものである」ことを利用しなければならない。

手軽に、表現は悪いが、「馬鹿でもできる」のがブログのいいところなのである。テレビを見ることよりはハードルははるかに高いが、それはあくまでも情報を受け取る方向でしかない。情報を発信する手段としての敷居の低さは、他のメディアと比べてブログの優れた特性である。先ほどの数万程度のアクセスではテレビには到底及ばないと述べたが、逆に言えば、たった一人や数人のグループで運営しているブログ一つで、テレビの100分の1以上の影響力をもてるなら、それはすごいことなのである。

そういうブログが沢山集まれば影響力が高まると思うかもしれないが、そう簡単ではない。この点は、実社会での市民運動とウェブ上での市民運動とには、幾つか相違点があることにも注意しなければならないのだ。実社会での市民運動は同じ考え方を共有して運動し、その意見を政治や行政に届けることで、あるいはそのマンパワー自体によって目的を達成しようとする。ブログでそれをやると、金太郎飴になる。もちろん、そういう状態も無意味ではない。いいことを一つのブログだけで宣伝するよりも、同じことを100のブログで宣伝したほうが、多くの人に広まるのは確かだからだ。しかし、どのブログも対等に読まれるわけではないから、その効果は数の増加にもかかわらず逓減していくと思われる。(複数の巨大なハブが同じテーマを取り上げれば、多少、状況は変わってくるかもしれない。情報流通のティッピング・ポイントに達する可能性はある。しかし、それはコンスタントなものではない。)

他にも色々あるがまとめきれないのでこのへんで話を打ち切ることにする。これが書きなぐりのメモ用ブログの気楽さである。メインブログに書くときは、もうちょっと戦略を考えたり、推敲したり、最後まで書ききったりする。こっちのブログは文章は多少適当でいい、というスタンスだ。


「田中康夫代表からの激励メール - 防衛省不正疑惑を追及せよ」より
http://critic3.exblog.jp/7614163/

ブログが社会的に意味のある存在になり、社会の中で地歩を築いて行くには、こういう契機が必要なのだと私は思う。ブログはサブカルではないし、サブカル的存在で終わらせてはいけない。個人のストレス発散や溜息の集積で終わらせてはならず、そのレベルで自己規定して止まってはならない。社会を動かす能力を持ち、政治を変える潜在力を持った言論機関にならなくてはならない。そうした方向性を目指してレベルを上げなくてはいけない。マスコミをリプレイスして世論を作る言論能力を持たなくてはいけない。マスコミに恐れられる強力な存在にならなくてはならない。『世に倦む日日』は、そういうブログのモデルを目指す。それは、そういうモデルが必要だからだ。

[PR]
by zarathustra1883 | 2007-10-25 01:31 | 日記

安倍晋三の隠し子疑惑とメディアの動向について(メモ)

以下、ゲンダイネットより。

2007年08月16日 掲載

安倍 愛人報道の真偽

 これが本当なら内閣改造どころか、政権崩壊を招くゴシップが永田町を駆け巡っている。「安倍首相に隠し子」――この仰天情報の真偽について、きょう16日発売の週刊ポストが追跡している。すでに永田町では相手の女性の個人情報が飛び交っているという。そのひとりが、父親の秘書官時代に銀座のクラブで知り合い、今は博多の中洲でクラブを開いている40代のママ……関係者は否定しているのだが。


現代のこの扱いの小ささから判断すると、今のところゴシップどまりなのだろう。

しかし、ついに閣僚ではなく、安倍晋三「本体」にマスコミからの攻撃の手が回ったということに注目したい。

なお、あまり言われることがないが、安倍が朝日新聞社を名指しで攻撃し、法的手段にまで訴えたことは、先の参院選では、もともと民主党よりの論調だった朝日新聞を、さらに明確に民主党の味方に引き入れる効果をもたらした。攻撃すれば反撃がある。当然のことだ。

もともと朝日の紙面は民主党と近い論調だったから、あまり気づれていないのだろう。ネトウヨなどの間では朝日は反日で左翼ということになってるらしいが、基本的には民主党と同じ位の範囲内の論調――私の定義では「保守」のカテゴリーに入ることが多い――であると見るのが妥当なところだろう。(小泉政権時にネオリベに乗ってしまったのもそのように見れば全く不自然ではないのである。)

ネトウヨらがそのあたりに気づけないのは、「自分の気に入らないものはすべて敵側に位置づけて一律に排除しようとする」傾向があることによるところが大きい。異質なものに耐えられないのは弱さである。「非自民」を応援する側にも気づかれにくかったのは、彼らにとってある程度都合が良い状態だったからであろう。負けられない戦いであったが故に必死であり、足元を省みるという状況ではなかった、ということもあるかもしれない。
[PR]
by zarathustra1883 | 2007-08-17 23:21 | 政治ニュース