ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大阪市の「生活保護改革」はどちらに向かうのか?

大阪市が生活保護改革へPT設置 平松市長「国動かすうねりを」

2009.8.28 00:05

 生活保護の受給世帯が全国最多の大阪市は27日、生活保護制度の抜本的改革や不正受給の防止対策に向けた課題を全庁的に検討する「特別調査プロジェクトチーム(PT)」を9月1日に発足させると発表した。全国でも異例となるPTのトップを務める平松邦夫市長は「生活保護改革に向けて先頭に立つのは大阪市の責任。国を動かすうねりを起こしたい」と意欲を示している。

 PTは健康福祉・総務・財政・政策企画の4局室長や課長級職員らで構成し、生活保護の抜本改革▽ケースワーカーの確保などに向けた業務執行体制のあり方▽不正受給・請求への対応策-の分科会を設ける。

 特に不正受給をめぐっては、大阪市の生活保護受給者を受け入れていた奈良県大和郡山市の病院による診療報酬詐取事件のほか、大阪市の12区が受給者の診療報酬明細書(レセプト)の点検に際して市の指針に反していたことなども判明。PTでは、不正受給の疑いがあるケースや受給者を対象にした「貧困ビジネス」などの情報も広く集め、厳正な対応を検討する。

 また、受給増に歯止めがかからないのは社会保障制度が十分に機能していないのが原因として、労働施策などを含めた新たなセーフティーネットのあり方を検討、国に提案するという。

 景気悪化を受けて市への受給申請は昨年以降急増しており、今年7月の受給世帯は過去最多の9万9891世帯。「今は確実に10万世帯を突破している」(市担当者)という。


いわゆる「ヤミの北九州方式」のようなものができてくるのか、それともそれとはまったく次元を異にするものがでてくるのか、ちょっと興味があるところだ。

受給増に歯止めがかからないのは社会保障制度が十分に機能していないのが原因であるというのは、まったく正しい認識だと思う。ここに欠陥があるために「グローバル化による不況」の弊害がモロに生活保護の現場に出ているということだ。
[PR]
by zarathustra1883 | 2009-08-28 22:56 | 福祉

田母神の発言は彼個人だけに帰属させて捉えてはならない

田母神元空幕長 広島平和式典「被爆者も2世もいない」

8月25日21時18分配信 毎日新聞

 田母神(たもがみ)俊雄・元航空幕僚長は25日、衆院宮崎1区に立候補している無所属前職の応援演説で宮崎市を訪れ、広島原爆の日の6日に広島市で開催された平和記念式典の列席者について「被爆者も2世もいない。左翼ばかりだ」などと述べた。これに対し、広島、長崎の被爆者からは批判の声が上がっている。

 田母神氏は演説で6日に広島市で講演したことを紹介。さらに平和記念式典について「慰霊祭は左翼運動。あそこに広島市民も県民もほとんどいない。原爆の被爆者も2世もいない。並んでいるのは全国から集まった左翼。一部政治勢力が日本弱体化を図っている」などと述べた。

 広島市によると、式典参加者は約5万人。会場には被爆者や遺族のための席も2000以上準備されている。 長崎原爆被災者協議会の谷口稜曄(すみてる)会長(80)は「原爆犠牲者に対して失礼だ。式典には歴代首相が参列して恒久平和と核兵器廃絶を誓っているのだから、日本政府はきちんと田母神氏に抗議すべきだ」と話した。

 広島県被団協の坪井直理事長は「広島の平和記念式典は被爆者が平和宣言を聞き、亡くなられた方々に献花などする場。田母神氏の発言は実証がないのに人を扇動するばかりだが、何の効果もない。騒ぐ必要はないだろう」と話した。

最終更新:8月25日21時18分

毎日新聞


田母神という人間一人の問題というより、こうした考え方は、自衛隊の一部で共有されている恐れがあるものとして捉えるべきであろう。

「田母神氏の発言は実証がないのに人を扇動するばかり」という認識は正しいが、この点を考慮すると「騒ぐ必要はない」というのはやや違うような気がする。そうやって、根も葉もない嘘を放置しておくと、その嘘が独り歩きしていつの間にか「事実」になってしまう。

こうした実証なき煽動の言説は、まさに旧日本軍(の一部?)で蔓延っていたものではなかったか?それを支持するような人びとが増えてしまうと非常に危険であると言わざるを得ない。事実を以って反論すべきであろう。
[PR]
by zarathustra1883 | 2009-08-26 00:36 | 軍事・防衛

最近のワイドショーのネタについて

押尾(お塩)学とか酒井法子の「薬」関係のネタがワイドショーだけでなくニュース番組まで騒がせているようだが、タイミング的に選挙が決まった少し後ってのが胡散臭い。いわゆる無党派層に対して影響があるからだ。政治ネタをワイドショーで流さなくて済ますことによって、彼らの政治(選挙)への関心を低下させ、投票率を下げるという戦略ではないか、と勘繰りたくなる。それによって自公の負け方は相対的に小さくなるだろう。まぁ、民主党が勝ちすぎては困ると考える私の立場からすると必ずしも絶対的に悪いとは言わないが、選挙制度の歪みをこういう更に歪んだ形で調整するとなると、デモクラシーにとって由々しき事態だと言える。

政治家の発言はどんどん右傾化しているし、裁判員制度はプレゼンテーションの「分かりやすさ」が際立っているらしく、法定のあり方が大きく変わったようだが、検察側の方が弁護側よりも組織力がある分だけプレゼンのための準備をする余力があるという話を聞いて、かなり危険なにおいを感じている。いずれにしても明るい未来を展望できる状況ではないことは確かなようだ。
[PR]
by zarathustra1883 | 2009-08-10 03:20 | 今日のひとこと