ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

現在の金融危機は100年に一度のものではない。

首相、3年後消費税率上げを明言 解散は当面見送り

2008年10月30日21時29分

 麻生首相は30日、新総合経済対策を発表した記者会見の中で、行政改革や景気回復を前提に3年後の消費税率引き上げを明言した。衆院解散については「政局よりは政策、何より景気回復という世論の声が圧倒的だ」と述べ、当面は見送る考えを示した。

 「日本経済は全治3年」と主張する首相は「経済状況が好転した後に、財政規律や安心な社会保障のため、消費税を含む税制抜本改革を速やかに開始する」と表明。「大胆な行政改革を行った後、経済状況を見た上で3年後に消費税の引き上げをお願いしたい」と述べた。将来の財源を明確にすることで政権政党として民主党との違いをアピールするとともに、2兆円規模の定額給付金など新総合経済対策に対するバラマキ批判を封じる狙いがあるとみられる。

 引き上げ幅には言及しなかったものの、与謝野経済財政相は30日の記者会見で「一挙に5から10%のレベルにはなかなかいけない。10%になったら生活必需品は低い税率で据え置くべきだというのも有力な説だ」として、10%程度を目指し、複数の税率を設定する可能性に言及した。

 首相は一方、当面は景気対策を最優先して取り組む姿勢を強調。現在の経済状況について「100年に1度の、金融災害とでも言うべき米国発の暴風雨」との認識を示した。来月15日にワシントンで開かれる金融危機対応のための緊急首脳会議(サミット)では(1)金融機関の監督・規制への国際協調(2)格付け会社に対する規制(3)会計基準のあり方――の3項目を議題として提起することを明らかにした。

 新総合経済対策を実現するための第2次補正予算案の提出時期については「いまの段階で決めているわけではない」と明言を避けた。ただ、2次補正の成立が「優先順位は一番」として、当面の解散は見送る姿勢だ。

 「ねじれ国会」のもとで今後も国会審議の見通しが不透明ななか、首相は「(衆院解散は)しかるべき時期に私自身が判断する」と強調した。今後は、(1)年末か来年1月の通常国会冒頭(2)09年度予算成立後の4~5月(3)来年9月の任期満了前――の中で解散の時期を探るとみられる。


以上、asahi.comより。

◆消費税を3年後に上げるというのは、ある意味、うまい戦略だ。自民党が選挙で負けた後で、この時限爆弾が炸裂するだろうから。

もちろん、私が望むのは消費税ではなく所得税と法人税を基幹税としてもう少しまともに機能できるように制度改正することである。

◆上の認識とも関連するが、100年に一度の金融災害とされている現在の金融危機だが、これは恐らく誤った認識だ。金融グローバル化をその本質とする「グローバル化」を放置しておく限り、この程度の金融災害は10年か10数年ごとに起きる可能性が高いというのが私の見方である。

100年近く起こらなかったのは、20世紀後半にはブレトン・ウッズ体制という歯止めがあったからに他ならない。ブレトン・ウッズと同じ体制を再構築することは不可能だし、望ましいとも言えない(永続性がないから)が、「ブレトン・ウッズ的な国際的な体制」が改めて構築されなければならないように思われる。
[PR]
by zarathustra1883 | 2008-10-30 22:07 | 経済・財政

善は急げ、というけれど…

中国の8月8日入籍組、もう離婚危機 「4割準備不足」

2008年10月25日3時0分

 縁起を担いで北京五輪の開幕日だった8月8日に駆け込みで結婚した多くの新婚夫婦が、早くも離婚を考えていることが、上海の「中国離婚問題研究センター」への相談状況でわかった。センターの明麗・副主任は「深く考えないで結婚した人が多く、半年か1年後に問題が出てくると予想はしていたが、こんなに早いとは……」と驚いている。

 同センターによると、上海では年間約12万組が婚姻届を出しており、1日平均約330組。だが、8月8日にはその平均の約21倍、7189組が婚姻届を出した。ただでさえ中国では数字の「8」は縁起が良いとされるところに、北京五輪開幕が重なり、結婚ラッシュとなった。だが8月8日~10月20日の間に、同センターに離婚の相談をした約千人のうち、8月8日に結婚した人が約400人もいた。

 相談の中には、知り合って1週間後に結婚し、すぐに破綻(はたん)したケースや、米を炊く際に電気炊飯器を使うか鍋で炊くかでけんかとなり、離婚を考えているケースなどがあるという。同センターは、少なくとも4割の夫婦が、心理的な準備がないまま結婚したと分析している。(上海=西村大輔)


以上、asahi.comより。

うーん、ここまで来ると限りなく笑い話だな。

ただ、ここまでヘンテコな状況が起きている社会の背景はどのようなものなのか、考えてみる必要がありそうな気がする。中国共産党や政府が「和諧社会」をスローガンとしていることともリンクしているように思われる。
[PR]
by zarathustra1883 | 2008-10-29 01:58 | 中国

「日本人」が「ノーベル賞」を受賞することは喜ばしいのか?

少し前、ノーベル物理学賞を3人の「日本人」が受賞したことが「明るいニュース」として報道された。他にも化学賞などもとった人がいたらしい。

私に言わせると、このニュースの何が「明るい」のかサッパリ意味不明である。「日本人」が受賞したことがそんなに嬉しいことなのだろうか?

私にとってノーベル賞というものが喜ばしいものでありうるとすれば、それはこうした賞を受けた学説が一般社会に認知されることによって、社会に何らかの「良い」影響が及ぼされる場合であり、その効果が現れることに他ならない。誰が受賞したかなど、あまり意味はないし、その人の国籍がどこに属するかということなどまったくというほど意味がない。

私が批判している発想には複数の漠然とした観念が交錯しているように思われる。

ひとつは「民族性」なるものが存在していると考え、「日本人が受賞」したことから「日本人は優秀」という誤謬推理をしてしまうような観念、または「国民的アイデンティティ」の信奉者で、このアイデンティティを共有している者を「仲間・身内」と考え、その「仲間が受賞した」というところから「民族性」論者と同じ誤謬推理を行うようなケースである。

もうひとつは、国際政治および各国政府の経済戦略の観点であるが、科学とその実用化とは同じ人が行うとは限らないことなどから考えても、今回の物理学賞の成果がこうしたものに結びつくとは言えない点で誤っている。

強いて言えば、NHKのニュースでコメントしていた人(科学者仲間?)が、基礎研究には時間がかかるものであるということを一般の人々らにも理解してもらえるきっかけになればいい、という主旨の意見があったと記憶するが、これは「業界団体としての科学者集団」の党派的な意見を若干含みながらも、政治(行政)によって学術研究がバックアップされる際のあり方に対しては、傾聴すべきものを含んでいるように思えた。


さらに言ってしまえば、「ノーベル賞」というもの自体に功罪と言うべきものがあるとする意見もあり、「ノーベル賞受賞=よいこと」とは必ずしも言えない面もあるのだが、それを書く余裕はない。
[PR]
by zarathustra1883 | 2008-10-10 23:42 | 今日のひとこと

政治と道徳を混同する者

政治がワイドショー的に扱われることが常態化している。

この影響というべきか、少なくとも連動・並行して政治の場でも政治が道徳の言葉で語られる。

こうした言説空間の中にいると、誰もが政治を道徳で語るようになっている

これは極めて由々しき状況である。
[PR]
by zarathustra1883 | 2008-10-09 00:15 | 今日のひとこと