ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

公務員改革ごときをやってる場合かよ?

公務員改革、一転合意へ 法案修正 与党、民主に譲歩
2008年05月27日22時07分

 今国会成立は困難と見られていた国家公務員制度改革基本法案が会期内に成立する見通しとなった。自民、公明の与党と民主党が政府案を修正して議員立法で成立させることで歩み寄った。28日にも衆院内閣委員会で可決、29日の衆院通過を目指す。

 自民、公明、民主3党の実務者は27日、国会内で協議し、修正内容について基本合意した。28日に3党の幹事長・国会対策委員長会談を開いて最終合意し、今国会で成立させる方針を確認する。

 基本合意では、人事を一元化する「内閣人事庁」や政治家と官僚の接触のあり方を巡り、与党が民主党に譲歩した。政府案では幹部人事の原案は各省庁がつくり、内閣人事庁が適格性を審査するとし、省庁に人事の主導権が残る可能性があった。だが、修正案では民主党が求める「内閣人事局」を設け、官房長官が人事案を作成するとした。

 政官接触については、政府案は新設する「政務専門官」を除き、公務員の国会議員への接触を「大臣の指示」がある場合などに制限していた。しかし、野党側に都合の悪い情報を出さない口実とされかねないとする民主党の反対に配慮し、制限規定を削除。代わりに、接触した場合は内容を記録して情報公開を徹底することで透明化を図ることにした。

 一方、民主党はこれまで「天下り禁止」と「労働基本権の拡大」の2点の修正要求が受け入れられない限り、政府案に反対する方針だった。

 しかし、「天下り禁止は政権交代してから実現すればいい」(幹部)として、基本法案に盛り込まないことを容認。労働基本権については、非現業の公務員に認められていない協約締結権について、「検討する」とした政府案を、「措置する」と表現を強めることで折り合った。

 会期末まで3週間を切ったこの段階で、民主党が与党に歩み寄った背景には、労働基本権付与の問題を少しでも前進させたい連合の意向や、「改革つぶし」と批判されることへの懸念があった。一方、政官接触の制限などを巡って党内に異論を抱え、早期成立に積極的でなかった自民党側も、福田首相が今国会での成立を指示したことから、政府案を大幅に修正しても民主党との妥協を優先する姿勢に転じた。

 修正案によって、公務員制度改革がどこまで前進するかは、今後の詳しい制度設計などにもかかっているが、縦割りの弊害を排除するための人事管理については政府案より前進したといえる。一方、不正や税金の無駄づかいの温床と批判される天下り問題は手つかずだった。


asahi.comより。

私としては、まず、そもそも公務員制度改革ごときをやっている場合なのか?という疑問がある。そんなことより派遣労働などについての規制をどのように変えるかとか、年金制度や医療保険をどのように運営していくかということの方が遥かに重要だと思うのだ。

また、「内閣人事局」を設け、官房長官が人事案を作成するというのは、かつてのアメリカで既に失敗している「スポイルズ・システム」に近い状態になると思われる。少なくとも、官僚の幹部たちは、今より一層「与党に迎合する者」が選ばれることは間違いない。

それから、官僚と政治家の接触を記録するということは、抜け道を通っての接触が増えるか、または、官僚と政治家の間の情報流通が大幅に減る、という帰結がもたらされる可能性がある。前者の場合は特定のものにパワーが集中する形でスケールフリー化が進む。後者の場合は政治と行政の機能不全が酷くなるだろう。
[PR]
by zarathustra1883 | 2008-05-29 00:00 | 政治ニュース

遠回しにすると騒がれない?

宇宙基本法案が衆院通過 自公民の賛成多数
2008年05月13日13時19分

 防衛目的の宇宙利用を解禁する宇宙基本法案が13日の衆院本会議で、共同提案した自民、民主、公明3党の賛成多数で可決され、参院に送られた。今国会中に成立する見通しだ。

 法案は元は与党提案だったが、民主党は第1条に「憲法の平和主義の理念をふまえ」と加えることで共同提案に合意した。政府は宇宙開発は平和目的に限るという69年の国会決議をもとに「非軍事」の原則をとっており、提案議員はこの決議との整合性について「憲法の平和主義にのっとり、防衛のため、宇宙開発を行うのは決議の文言、趣旨に反しない」と説明していた。

 同法が成立すれば、政府が許さなかった自衛隊による衛星保有や、高性能の偵察衛星の導入に道を開くほか、ミサイル防衛の中核となる高度なミサイル監視衛星(早期警戒衛星)も保有できる可能性が出てくる。


この法律に関しては、MDとの関連に注目すべきではないだろうか。一見、侵略しないから悪くないとも思えるが、あまり意味のない「金食い虫」に予算を食われる元を作ることになるものと思われる。

「無駄遣い」がどうのと騒ぐ連中は、こうした法案が出てくる時点で、それを察知して騒いでくれと言いたくなる今日この頃である。
[PR]
by zarathustra1883 | 2008-05-14 22:56 | 軍事・防衛

コメントにその人の行動が表れる?

さっき、メインブログにおかしなコメントをしたヤツ(「一国民」と名乗っている)のホストは

  wbcc10s03.ezweb.ne.jp

IPアドレスは

  219.125.151.180

だったんだけど、このホスト名やIPアドレスでググッて見たら、本当にくだらないところにばかり出入りしているようだ。やっぱり「どうしようもないコメント」をつけるやつは相当の暇人なんだなぁ、と思う今日この頃なのだ。
[PR]
by zarathustra1883 | 2008-05-11 01:51 | 今日のひとこと

橋下痴事の財政私物化?

橋下知事、四面楚歌「夜に勝負かける」 御堂筋イルミ
2008年05月08日23時06分

 「財政再建の中、反対せざるを得ない」――。大阪府の橋下徹知事が意欲を示す冬の御堂筋イルミネーション構想に対し、府幹部から8日、公然と反対の声が上がった。

 橋下知事と部長の意見交換会は報道陣に公開される中、始まった。冒頭、知事直轄の重要政策プロジェクトチームが、御堂筋約3キロのイチョウ並木を12月中旬から約3カ月間イルミネーションで飾る構想を披露し、事業規模は10億~20億円と説明した。

 「府民に痛みを求め、職員にも厳しい削減を求める中、反対せざるを得ない」。口火を切ったのは中西正人・総務部長。歳出削減案では最大400億円の人件費カットを迫られている。笹井康典・健康福祉部長も「財政再建の議論をやっている途上で、まだ道筋も見えていない」。

 南部英幸・生活文化部長が「イルミネーションは非常に効果がある」と賛成したものの、大半は反対意見。「福祉で削った金を持っていくようにしか見えない」(上田博・会計管理者)などと厳しい声が相次いだ。

 橋下知事は「一番僕が悩んでいるところ」と財政再建路線との整合性に苦しむ胸の内を明かしながら、「夜に勝負をかけると大阪の街が浮かび上がる。世界に類のない光の街をつくっていきたい」と重ねて意欲を示した。


使いどころを間違っていると言わざるを得ないだろうな。さすが橋下事。

行政がなすべきこととは、まず第一に最低生活保障である。その上で経済政策ないし産業政策によって人々の生活基盤を間接的に支援することだろう。さらにその次にこうしたイベントなどの「地域おこし」的なものが組み込まれる余地が生じる。

逆に言えば、イベントはボランティアやNPOや民間企業に任せてもよい度合いが高いわけだ。

例えば、ボランティアが最低生活保障を支えて行政はそれを無視するなんてのは到底ありえないし、ボランティアが経済政策の実行部隊になることもまずないだろう。特にインフラ整備を実現することはできない。それと比べればイルミネーションなんて許可さえあればボランティアだってできる。私の住む町ではイルミネーション的なものとして、ろうそくの火を使ったイベントがあるが、あれだってろうそくを買ってるのは普通の市民なわけだ。行政も多少はバックアップしてるんだろうが、少なくとも前面には出ていない(はず)。

街のイメージを作るようなイベントこそ住民参加型でやるべきであり、それらを幾つか積み重ねていく中からいいものが出てくるもんじゃないのか?10億も20億も予算を出すなんてことは、財政赤字が大問題になっているときにやるものではないだろう。

もっとも、一般的にイベントへの財政からの支出は絶対にだめだということはない。いくつものイベントが財政によって支えられているのは事実である。しかし、重要度の高いものを削って重要度の低いものを増やすというのは本末転倒だ。行政とは何か、何をなすべきものなのか、こうした根本的な問題が整理されていないから、このくらいの問題で悩んでいる。橋下の場合、これまでの経緯も踏まえると、そうであるとしか見えない。

その上、「夜に勝負をかけると大阪の街が浮かび上がる。世界に類のない光の街をつくっていきたい」などと言っているが、具体的な効果や見通しがないことが透けて見えるようだ。何となく自分が好きだからやりたい、というだけにしか見えない。そういうのは財政の私物化と言ってもいいだろう。どこかの都痴事(都知事)と一緒だな。
[PR]
by zarathustra1883 | 2008-05-09 00:25 | 経済・財政

東欧もなかなか面白そうだ

スティーブ・モリヤマ 「チェコ:模索する「外資依存型経済」の次」 より。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20080422/153929/?P=3

チェコをはじめEU加盟を果たした中欧諸国は、着実に成長している。EU補助金を用いた交通インフラの急速な整備を背景に、「巨大市場であるEU」と「消費ブームに沸くロシア」との中間に位置する当地の物流上の優位性は、今後よりいっそう高まっていくのではないだろうか。


確かに東欧は、もっと注目されてよいだろう。

そういう意味からも、早いうちに一度行ってみたいと思っているのだが、なかなか実現できていない今日この頃なのだ。
[PR]
by zarathustra1883 | 2008-05-08 23:23 | 世界情勢・外交

橋下痴事はコイズミの真似ばかり

橋下知事「市町村に権限を」補助金を交付金へ改正検討
2008年05月07日22時05分

 大阪府の橋下徹知事は7日の記者会見で、府から市町村への補助金のあり方について「府が住民ニーズを把握して支援する時代ではない」と述べ、来年度以降、具体的な使途を限定しないで市町村に交付金を配分する制度に順次、改めていく意向を示した。

 府は市町村への補助金などとして、07年度当初予算で304件、計4742億円を支出している。事業内容を府が定め、それを実施する市町村に補助するのが一般的だ。

 橋下知事は会見で「複雑化した現代社会では府が全域の住民ニーズを的確に把握して一律的に支援する時代ではない」と指摘し、「市町村に権限と金を移していかないといけない。市町村と府の役割をきちんと分けて、地方分権を徹底したい」と語った。


以上、asahi.comより。

ふーん。「府が住民ニーズを把握して支援する時代ではない」ねぇ。。。

もともと都道府県は、そういう類のサービス提供はほとんどしていないと思うがねぇ。行政学を少しでもかじったことがある人間なら誰でも知ってると思うんだが、都道府県の事務の85%は機関委任事務だったんだから。これは地方財政の制度にも、起債制限がかかる限度の違いという形でも反映している――古い制度で言えば、市町村は赤字が表十財政規模の20%で制限されるが、都道府県は5%で制限されることになっていたのだが、現在の制度でもだいたい同じような扱いのはず――くらいの話なわけだ。これは、要するに、市町村とは違って都道府県は中央政府の事務を下請けする要素が強いから、それが機能しなくなると中央政府が困る。だから、基準が厳格だった、ということなのだ。

こんなの行政学とか財政学をやった人間なら誰でも知っている話だと思うが、橋下の話はそれとは全然噛み合わないよね。単にコイズミが言ってたことを真似してるだけって感じだな。さすが橋下


で、最後の「市町村に権限と金を移していかないといけない。市町村と府の役割をきちんと分けて、地方分権を徹底したい」というのが橋下の狙いなワケだが、これはコイズミが「民間にできることは民間へ、地方にできることは地方へ」と言っていたのと全く同じ発想なわけだ。

で、これをやるとどうなるかというと、「権限と金」を移すと言ってはいるが、経験則から言って「権限と金」は移らずに事務(仕事)だけが移るというのがパターンなのだ。移るというより、押し付けるということだ。で、押し付けられた市町村はどうするか?もっと弱いところに負担を押し付けることになっていくわけだ。私はこれを「より小さく弱い主体への負担の押し付け」として捉えるが、もう少しメジャーな言葉で言えば「弱者切捨て」の政策であり、もう少し強く言えば、「弱いヤツは死ね」と言っているワケだ。有権者には、そこのところをよく理解して反応してもらいたいところだ。
[PR]
by zarathustra1883 | 2008-05-08 00:36 | 政治ニュース

雑感など

★政治のモードは変わっているのだが、安倍晋三が表舞台にいた頃と同じように自民党や官僚(無駄遣い)を非難して、政権交代すべきだと考えている輩が、現実の世界よりもブログの世界では目立つ。モードが変わっても対応を変えられないのは、批判している側が既に硬直化し、死んでいるということを示しているように感じられる。オートポイエーシスに見られる自在さや創発はそこにはない。

★暫定税率の復活に反対する政党は、自らが与党となったときに自分の首を絞めることになる。「減税=大衆の味方=善」であるかのように勘違いしているバカをウェブ上では特に多く見かけるが、世論調査を見てもそれに近い感覚が広まっているのは確かだろう。世論の基本的な判断と行動の原理は、小泉が登場しているときと何も変わっていない。

それに対して、現時点の日本の現状を踏まえる限り「適切な増税=システムの適切な作動=善」と考えるのが妥当であろう。私は徹頭徹尾、システム論者であることを再確認する。

★私は当然、暫定税率復活に賛成であるが、減税については、適切なやり方(財政の混乱が生じない限りにおいて、マクロな経済効果が期待できる方法)でならば、賛成できないことはない。例えば、ガソリン税などではなく、所得税や法人税の課税最低限の引き上げという形などでならば、情勢によっては賛成できないことはない。

しかし、税財政のシステム全体の見直しを伴わないガソリン税の減税は財政の混乱と負担の先送り(地方自治体における決算上の赤字による財政の機能不全、すなわち行政による各種給付の一部停止や債務の増大など)を伴うために賛同できない。

また、家計の流動性保有願望もかなり高い状態であると推測するので、それならば減税よりも歳出拡大(公共事業)のほうが適切な方法論ではないか、とも考えており、減税よりは歳出拡大の方を私としては推奨するところである。ただ、金融グローバル化によって、グローバルな資本と非グローバルな経済主体とのリンクが細くなっているため、国内で金を循環させること自体はどのみちやりにくい仕組みが既に作られているから、劇的な効果はどのみち望むべくもない。

★税や財政について数年前にある程度専門的に学んだが、次は福祉や医療の分野について少し深めていこうかと考えている。公共事業について調べるのも悪くないが、税体系をどのように構築するべきかという問題との兼ね合いについては、社会保障論の方が相性がいいように思われる。これらをセットで構築した上で、公共事業についてのデザインを上乗せするのが、理念型としては適切な構成の仕方になるのではなかろうか、という見通しを持っている。

★仕事のありようが大きく変わったので、今後しばらくの間はブログの更新はほとんどできないだろう。メインブログの更新頻度はできれば月1~3回程度まで減らしたいと思っている。こちらのブログは「エントリー以前のエントリー」を載せていくところという位置づけなのだが、それ以外にも公共的なメッセージ性の強さとテーマの一般性の程度に応じてブログを使い分けているところがあるので、その線は従来どおりやっていくいことにする。読書ブログは従来どおりマイペースでメモしていく予定。結局、更新頻度は読書ブログが一番多くなるだろう。
[PR]
by zarathustra1883 | 2008-05-01 00:16 | 日記