ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:イラン( 3 )

イランでの邦人拘束事件について覚書

★今回のイランでの邦人拘束事件は、今後もイランに出入りしようとしている身(私)としては他人事ではない。(ちなみに、現在このブログの左上に出てくる写真もイランのものであり、私が撮影したものだ。)

・多くの人に言いたいことの一つは、南東部は以前から危険とされていたが、イラン全土が危険というわけではないということだ。イランの大部分の地域は、治安は良好で、安心して町を歩くことができる。

・もう一つは、陸路でイランに入る場合、パキスタン経由で東南部を通る長期旅行者は結構多いということだ。日本人だけでも年間数百人とか1000人を超えるくらいいてもおかしくない。

その意味で、彼は例外的な行動をしているわけではなかったと思う。むしろ、長期旅行者(バックパッカー)には定番のコースを移動しているように思われる。

「ボランティアに行った」という記事を見たが、おそらく、それは長期旅行の中での活動にすぎず、ボランティア活動だけが目的ではないだろうと推測する。あまり根拠はないが、今日の新聞で読んだ限りの情報では、あまりにも「普通のバックパッカー」の行動と類似しているので。

南東部の治安が悪いのは、イランの問題というだけでなく、アフガニスタンの混乱が深く影響していると思われる(イランにはアフガン戦争時から多くのアフガン難民が流入している)、ということも指摘すべきだろう。そして、アメリカのアフガン侵攻以前のこの地域の情報については、それほど詳しくはないのだが、その混乱はアメリカの侵攻が引き起こしたのではないか?

・つまらないバッシング(自己責任論など)が起きないことを希望する。ちなみに、二階堂ドットコムでは、すでに自己責任に言及したエントリーが出ていたが、イラン全土を危ないと思っているような書き方で、明らかにイランについて何も知らないか、または意図的に世論を誤導するためのエントリーである。

・しかし、ケルマーン方面がそこまで治安が悪化しているとは、やや私の想定を超えていたかもしれない。確かに、去年あたりから何件かの誘拐・拘束事件が起き、頻度が上がったと認識してはいたが。。。


イラン日本人拘束:南東部…「無法地帯」で知られ

 【テヘラン春日孝之】旅行中の日本人男子学生(23)が武装グループに拘束されたとみられるイラン南東部は、外国人旅行者を対象にした誘拐・拉致事件だけでなく、イランの精鋭部隊「革命防衛隊」に対する襲撃事件も相次ぐなど「無法地帯」として知られている。イランの極貧地帯で、国境を接するパキスタンやアフガニスタンからの麻薬密輸ルートでもある。

 国境地帯のシスタン・バルチスタン州で8月、旅行中のベルギー人夫妻が武装グループに誘拐されたが、犯行グループはイラン政権に拘束されているメンバーの釈放などを求めたとされる。イラン内務省によると、グループは麻薬密輸に関与しており、夫妻は誘拐後に一時、パキスタンに連行されていたという。

 イランはイスラム教シーア派国家だが、同州では少数派民族のバルチ人が多数派で、大半はスンニ派。バルチ人はパキスタンやアフガンにかけて居住し、国境を行き来している。

 同州では2月、革命防衛隊員を輸送していたバスが爆破される事件が発生、多数が死傷した。イラン政権は同州を中心に活動するスンニ派武装組織「神の戦士」の犯行と断定した。軍当局と武装グループの間で銃撃戦が相次ぎ、当局が拘束した容疑者を公開処刑するケースも激増している。

 一連の交戦には公開処刑に対する報復とみられる事件も含まれており、治安状況を一層悪化させている。多発する外国人誘拐事件はこうした対立に巻き込まれた形だ。

毎日新聞 2007年10月11日 15時00分

[PR]
by zarathustra1883 | 2007-10-12 03:09 | イラン

アメリカはアンビバレントな政策を使い分ける

★イラクを立て直すためにイランに頼りながら同時にイランを敵視する。アメリカは日本に対しても中国に対してもイランに対しても両義的な政策を常に用意している。どちらが最終的に本当に採用されるかは、国際情勢だけでなくアメリカの政治情勢に大きく左右される。

米、イラン革命防衛隊に「テロ組織指定検討」 米紙報道
2007年08月15日18時45分

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は14日、ブッシュ政権がイランの革命防衛隊を「テロ組織」として指定することを検討している、と報じた。イランの核開発疑惑や、隣国イラクの内戦状況には革命防衛隊が関与しているとみていることが理由。だが、主権国家の軍隊がテロ組織指定された例は今までなく、反発も大きそうだ。

 複数の政府高官の話として、今月中にも指定を発表する可能性があると伝えた。

 ただし、国連での追加制裁論議の進展状況次第では、先送りの可能性もあるという。同紙によると、ライス国務長官は最近、国連による追加制裁がこれ以上遅れるなら、米国は単独行動に出ざるを得ないと欧州諸国に警告している。

 政権内部では昨年、イランには外交で圧力をかけるべきだとしたライス長官の主張が通った。だが最近、チェイニー副大統領の側近らが軍事介入策を再び主張しており、ライス長官はこうした強硬派を抑え込むためにもテロ組織指定に傾いている模様だという。


アメリカは単独行動を示唆しているが、軍事行動には出られないだろう。イラクだけで手一杯というのが常識的な見方だ。ただ、常識が通用しないのがネオコン観念論のすごいところ(バカなところ)でもある。

イスラエルの出方にもよるが、イランに攻撃をしたら、アメリカは今度こそ敗退を余儀なくされるだろう。それともアメリカはむしろ敗北することで、短期間で中東から撤退することを狙っている?

しかし、テロリストに活力を与えると「テロ組織」になってしまうのなら、アメリカ政府やアメリカ軍もテロ組織だろう、と突っ込みを入れたくなるところだ。アメリカが攻撃するからテロ組織が力をつける。「テロとの戦い」の実態は「テロの種まき」にすぎない。

まとまりは悪いがメモとしてアップしておく。
[PR]
by zarathustra1883 | 2007-08-17 02:24 | イラン

5万リアル札かよ。それからインフレ。

ニュースサイトで「イランで新札発行」なんていうタイトルを見て、「ああ、手持ちの札束が使えなくなるかも」と一瞬思ってしまったが、5万リアル札が増えるだけなら、今までの紙幣は使えるってことだろう。たぶん。

しかし、インフレ率が結構高いのは気になる。手元においておくとどんどん減価するってことだから。しかし、日本円の価値は相対的に下がってるから、それほど激しくその効果が出ていないのが、逆に痛かったりする。

今年はイランに行く予定はないが、来年か再来年には行ってもいいかもしれない。アメリカかイスラエルと戦争してなければ…。(実際、2005年に行ったのは大正解だったと思う。)

イランが新札発行 原子力のシンボル刷り込み国威発揚
2007年03月05日10時05分

 イラン政府が近く国内に流通させる最高額紙幣の新5万リアル札(約633円)に、原子力を象徴する図柄が印刷される。国連安全保障理事会の経済制裁決議にもかかわらずウラン濃縮活動を継続するイラン政府が、核開発による国威発揚を狙っているとみられる。

 新札は、表に79年のイスラム革命指導者ホメイニ師の肖像が刷られ、裏面はイラン国土の上に、原子核の周囲を電子が回る軌道を描く。さらに、「宇宙の星雲に科学が存在するなら、そこに到達するのはペルシャ人だ」というホメイニ師の言葉も刷り込んだ。

 イランでは05年、保守強硬派のアフマディネジャド大統領が誕生。核の平和利用を主張し、国際社会の反対のなかウラン濃縮活動を再開した。現在、安保理で追加制裁の議論が進む。

 対外的に強気を崩さないアフマディネジャド政権の悩みは、公称で年約13%、野菜や肉、日用品などでは30%近くなるとされるインフレ。04年2月にこれまでの最高額紙幣2万リアル札(約253円)を発行したが、約3年でさらなる高額紙幣発行に踏み切らざるを得ない経済失政への批判は強い。核開発を強調した新札で国民の不満をかわせるか、効果は不透明だ。
(asahi.com)

[PR]
by zarathustra1883 | 2007-03-06 02:47 | イラン