ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2007年 08月 05日 ( 3 )

米国産牛肉の輸入の話

以下の記事に見る韓国政府の対応こそ「主張する外交」であり、「是々非々で」臨んでおり、「毅然とした態度」であろう。

受け入れるヘタレは「言いなりのポチ」である。ついでに言えば、ポチによる改憲はさらなるポチ化に拍車をかけるものである。

asahi.comより。

韓国、米国産牛肉を事実上禁輸 特定危険部位が混入
2007年08月02日20時56分

 韓国農林省は2日、米国産牛肉の一部に、輸入を禁じている特定危険部位の脊椎(せきつい)の骨が混入していたとして、1日から検疫を全面中断したと発表した。業者は輸出入を続けられるが、検疫なしでは市場に流通できないため、事実上の輸入禁止措置となる。

 7月29日に輸入された18.7トン、1176箱の牛肉のうち1箱から、脊椎の骨が見つかった。同省の発表では、同22~27日に輸入された42.4トンからもあばら骨が発見され、全量を返送した。同省は、米国に混入の真相究明と再発防止措置を取るよう求めた。

 韓国は今年4月、約3年半ぶりに米国産牛肉の輸入を再開したが、韓米で決めた輸入衛生条件に合わない骨片が発見され、6月に輸入を中断。その後、検疫を再開して、最近になって市場に米国産牛肉が流通し始めたばかりだった。

 米国は、輸入対象となる牛肉の範囲拡大を求めている。この要求を受け、韓米両国は交渉を続けているが、当面は進展が難しいとの見方が強まっている。


だいたい、これだけ何度も複数の国で、「特定危険部位」の骨が発見されているのだから、常態的にこれらは紛れ込んでいると見るべきだろう。

それにもかかわらず日本政府は輸入再開するらしい。問題が起こってからでは遅いのだが、犠牲者は数名とか数十名程度で納まるから日本政府にとっては大した打撃ではない、という考えなのだろう。

個々人の生命や自由より「国家」の都合が優先されるというのが、今の日本の政治である。小泉・安倍政権は特にそれが顕著である。

したがって、安倍政権で多くの失言が出ているのは偶然でもなんでもない。安部の取り巻きは、(安倍を筆頭として)誰もが「国家主義」者であり、個人の尊厳など一顧だに値しないと考えているような輩ばかりだからである。
[PR]
by zarathustra1883 | 2007-08-05 03:24 | 政治ニュース

F22と敵基地攻撃能力

★JANJANにF22の「敵基地攻撃能力」についての指摘がなされた記事が掲載された。

「よいのか!自衛隊・次期戦闘機の敵基地攻撃能力 2007/07/31」
http://www.news.janjan.jp/government/0707/0707290059/1.php


今まで防衛省(防衛庁)が何度もやってきたことだが、これも「なし崩し」で軍備を増強しようとしている事例であろう。

とりわけ、以下の指摘は重要だ。

 今回、マスコミは「F-22Aは導入できるのか」「果たして選定機種は何になるのか」というところばかりに焦点を当てて報じているようだ。しかし、次期主力戦闘機(F-X)導入計画そのものが、日本の安全保障にとって大きな転換になりうる可能性がある。なぜなら、今回候補に挙がっている機種のすべてが、一時期問題となった「敵基地攻撃能力」を有しているからだ(例外的に、機体の仕様によって、敵基地攻撃能力の無い機もある)。

[PR]
by zarathustra1883 | 2007-08-05 01:38 | 軍事・防衛

中国外交についての覚書

中国軍、空母建設に本腰か ロシアから着艦制動装置購入
2007年07月27日18時54分

 中国の軍事動向に詳しいカナダのシンクタンク「漢和情報センター」は27日、中国軍が昨年、空母の艦載戦闘機の着艦制動装置4セットをロシアから購入したと伝えた。経済発展を背景にした海上権益保護の必要性が高まる中、中国による独自の空母建造に向けた具体的な動きとみて、「早ければ09年にも着工」の可能性を指摘している。

 同センターによると、中国軍から発注を受けたロシアのメーカーが明らかにしたもので、ロシア軍の艦載戦闘機スホーイ(Su)33型が着艦時に用いるフックやロープの制御装置などを4セット販売したという。

 中国軍は、Su33型の原型機Su27型から独自の艦載戦闘機を開発中との分析があるほか、Su33型の購入を計画しているとの情報もある。

 軍事評論家の江畑謙介氏は「着艦制動装置の購入が地上での実験を前提にしたものか、空母そのものの設計への着手を意味するのか判断しにくい」として着工時期の断定は避けつつも、「中国の空母建造は、いつ着手するかという時間の問題だ」と話す。

 今年4月、中国海軍軍事学術研究所の李傑大佐は国営中央テレビの取材に「空母は国家の総合力を象徴する」として、空母を保有すべきだとの見解を示した。国営新華社系の時事雑誌『瞭望新聞週刊』は23日、「海軍の海上能力建設」と題する記事を掲載。経済の国際化による海上輸送の重要性が高まる一方、遠洋での防衛能力の欠如が顕在化していると指摘し、「海軍はこの不足を迅速に補う必要がある」とした。


中国脅威論者たちは、こういうのを見ると、ビビッたりするんだろうねぇ。

まぁ、エバケンが言うように、中国が空母を持つのは時間の問題だというのは、確かだろう。アメリカの司令官も中国が空母を持つことに協力する用意があるとか言ってたしな。(アメリカは「日本より中国が大事」というスタンスに既に移行しつつある。まぁ、あちらの立場に立てば当然の選択だろう。)

しかし、中国外交が覇権主義を主とした外交姿勢に転じる可能性はそれほど高くないというのが、私の見方である。理由を書いたらエライ長くなったのではしょって書く。

ひとつは、中国は経済の発展を当面の間、恐らく十年以上は第一の課題とし続けなければならないはずだということ。そして、中国が経済力を順調につけていくためには、平和的な国際環境が必要だということ。したがって、当面の間、外交の基調は全方位的な平和外交になるということ。

もうひとつは、上述の理由よりももう少し後に、中国がある程度の経済力を身につけた後について、特に想定していることだ。それは、今後の国際情勢は、流れとして多極化の方向にあるということ。

多極化の中で一国だけが覇権的に振舞うことはできないし、多くのアクターが好戦的な状態になるとすれば、それは安定した秩序ではなく世界戦争になる。しかし、「世界の支配層」たる国際金融資本は、そうした混乱を好まない。投機が活発になるためには安定的な秩序を必要とするからだ。こうした一般情勢を踏まえれば中国が覇権主義を主体とする外交に転じる可能性は小さい。

ついでに言っておくと、「一党独裁」であるかどうかが外交における強権的な姿勢には必ずしも結びつかない。独裁は内政における抑圧にはほぼ必然的に結びつくが、外交の面では必ずしもそうではない。ただ、意思を決定する権限を持つ人間やその人間に影響を与えることができる人間の数が少なければ少ないほど、(内政であれ外交であれ)極端な行動を取りやすいとは言える。その意味で、独裁体制は外交も強権的にやりやすいとは言えるが、実際に強権的に振舞うかどうかは、インターステイトシステムにおいて占める位置によって決まる面が強いと見たほうがいいだろう。

(余談だが、日本の政治は近年、大きな意思決定権を持つ人間への影響力を行使できるルートが急速に縮小している。安倍が37議席という「大敗」を喫しても首相の座に居座れるのもそうした政治システムそのものの問題があると見るべきだろう。)

この辺を踏まえておきつつ、現状認識のための資料としてメモしておく。
[PR]
by zarathustra1883 | 2007-08-05 01:27 | 中国