ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


橋下知事、教育委員会に命じる?

橋下知事「命じる」発言で府教委に謝罪 「知事として完全に間違っていた」

3月10日21時54分配信 産経新聞

 大阪府の橋下徹知事は10日、先週の府議会代表質問で「教員の評価をきちんとするように教育委員会に命じるとの趣旨の発言をしたことについて、「教育委員会に対して『命じる』という言葉を使ったことは知事として完全に間違っていた」と謝罪し、議事録からの発言削除も検討する意向を示した。この日の一般質問で答えた。戦前教育の反省から教育委員会は、地方自治法などにより政治的に中立な独立行政委員会と位置づけられている。

 橋下知事の府教委への「命じる」という発言は5日、自民党府議団の朝倉秀実幹事長の代表質問に答えた中で飛び出した。この発言について10日、民主党の中島健二府議に真意を正され、知事は「コメンテーターであればともかく知事という立場では絶対に使ってはいけない言葉」と答弁。「教育委員会の皆様方、どうもすいませんでした」などと3回にわたって謝罪するとともに「議事録からの発言の削除についても対応させていただきたい」とした。

 教育行政に関して、橋下知事は習熟度別授業推進や35人学級の廃止検討など、改革施策を相次いで表明。また、府教委が所管する博物館や資料館の運営についても売却も視野に見直しを進める方針を示している。「命じる」発言について謝罪した橋下知事だが、これまでのこうした姿勢に対しても、識者からは「踏み込み過ぎだ」と疑問の声があがっている。

 中学、高校教員を務め現在は教員らの相談に応じる「教師駆け込み寺・大阪」を主宰する下橋邦彦さん(68)は「習熟度別授業の取り組みは、知事から独立した教育委員会が現場の実情に合わせて行うべきだ。知事交代で教育施策がコロッと変わったりすれば現場は混乱してしまう」

 府立博物館の存続を主張する関西大学の藪田貫教授(日本近世史)も「文化財保護課など府教委の担当部署が知事の意向に押され過ぎている気がする」と懸念している。

最終更新:3月10日23時19分
産経新聞


橋下は発言の撤回だけでなく、知事という立場を撤回すべきだ。すなわち、辞任すべきだ。

記事によると「教育委員会に対して『命じる』という言葉を使ったことは知事として完全に間違っていた」と言って謝罪したそうだが、オマエが知事をやっていること自体が「完全に間違っている」んだよ!

立場(役割)を弁えていない越権発言は、安倍晋三が自民党総裁ではなく、政府の長として憲法改正を口にしたときに愚を想起させる。やはり安倍と橋下は似ている

習熟度別授業というのは、よくわからんが、資源を集中させるエリートと資源を与えずに切り捨てる落ちこぼれとに振り分けるということになるならば、それは新自由主義が公共事業などで使う「選択と集中」に等しいものと思われる。効率の良いものに資源を集中することで、そこから価値を生み出すという発想なのだが、結局それは全体の底上げを犠牲にして達成しようとするから、そこでゆがみが生じるやり方である。

教育の場合、教師が生徒に何かを教えるという以上に、生徒同士のコミュニケーションや他の生徒の行為・学習から学ぶという横の関係から得るものが少なくなるやり方だから、その点でゆがみが生じることになる。つまり、ある程度限られたタイプの秀才しか作り出すことができないタイプの教育だということだ。こういうやり方では、多様な才能を持つ豊かな人材を育成することはできないだろう。

◆博物館などの売却は、中国を想起させる。中国では美術館や博物館に市場原理が一部導入されており、運営資金の一定割合を自ら稼ぎ出さなければならないそうだ。だから、故宮博物院や兵馬俑博物館のようなところでも金儲けに精を出している。具体的には、溥儀の甥の書道家の直筆の書を売ったりして、建築の修復の費用を捻出したり、兵馬俑を発見した農民と記念撮影したり、サイン入りのガイドブックを売ったりしているわけだ。これらを含め、博物館では「あまり重要でない」文物を売りにも出している。

しかし「あまり重要でない」というのは、現在の評価基準でしかない。歴史学のパラダイムが変われば、評価も大きく反転する可能性がある。また、そうした地味な資料があることによって、新しい見方がそこから導かれる事だってありうる。その意味で、資料を売り払って散逸させることは、学術的・文化的に見て明らかに愚考である。しかも、財政的にも一時的な資金しか手に入らないという点で、極めて近視眼的な考え方だといわなければならない。そういう短期の視点は、公共的な領域には不適当である。

売り払うといっても、実際には、宝をドブに捨てるに等しい行為である。
[PR]
by zarathustra1883 | 2008-03-11 02:12 | 政治ニュース
<< 迷走は「ルールなき暴走」に勝る 省庁の行なうべきことについて、... >>