ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


野党のとるべき戦略――ガソリン国会ではなく労働国会

asahi.comより。

「日雇い派遣」の全面禁止 民主、労派法改正案提出へ
2008年02月15日08時32分

 民主党は「ワーキングプア」(働く貧困層)の温床となっている「日雇い派遣」を全面禁止する労働者派遣法改正の素案をまとめた。日雇い派遣大手「グッドウィル」(東京都港区)の違法派遣事件などを踏まえ、不安定な働き方の見直しを通じ、民主党が「格差是正」に取り組む姿勢をアピールする狙いがある。詳細を詰めたうえで他の野党に協力を呼びかけ、今国会に提出する。

 民主党の労働問題作業チーム(座長・山田正彦「次の内閣」厚労相)がまとめた。

 派遣会社が事前に登録した労働者との間で、仕事がある時だけ雇用契約を結ぶ「登録型派遣」が貧困層拡大を招いているとの考え方に立ち、(1)登録型派遣の一形態である日雇い派遣の禁止(2)2カ月以下の労働者派遣契約の禁止(3)派遣元と派遣先の双方の共同使用者責任を明確にする――のが柱。

 素案では「企業が就業形態に関係なく均等待遇を確保する」という基本原則も確認。原則自由となっている派遣会社が手にする手数料(マージン)については「派遣労働者の低賃金の原因になる」との指摘もあることから、上限設定の導入を検討する。


民主党はこうした労働関係の法制をどんどん出すべきだ。民主党は労働党でなければならない。壊された労働環境を立て直す。それこそ福祉以上に社会状況の改善に役立つだろう。

今の対立軸のままいくと、自民党が旧来保守の路線になれば、民主党は新自由主義のスタンスに戻る可能性がある。それは最悪の事態であり、既にその兆候がある。道路財源の問題ではすでにこの構図になっている。

この道路財源の話題が出てから、私は野党を応援することに対して、やや態度を留保したのだが、それはこのためである。リベラルの多くはそのことにあまり自覚的でないように見える。多くの者が無駄遣い論やそのバリエーションである付け替え論や官僚の腐敗叩きに熱狂している。彼らは情勢認識が甘すぎる。

ここで述べたことは90年代の構図と同じであり、そこに逆戻りすれば社会はさらにボロボロになる。その後に気づくのだとすれば大馬鹿者である。同じ過ちを繰り返すことになるのだから。

そうなる前に(道路のような瑣末な問題に拘るのではなく)労働問題を前面に出すべきなのだ。その意味で、先日の共産党の志位さんの質問は鋭いところをついている。この問題なら幾らでも自民党から譲歩を引き出す余地があり、野党が新自由主義に陥ることもない。しかも、福祉の分野よりも社会の再建にとってのプライオリティーはさらに高い。なぜならば、現役世代がきちんとしていれば引退世代の生活の支えも公的私的いずれのルートでもできるのだから。
[PR]
by zarathustra1883 | 2008-02-21 01:32 | 政治ニュース
<< 北海道で森林環境税導入か? プライマリーバランスが黒字になる? >>