ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


地方政策と道路財源

ブログ「反戦な家づくり」のエントリー「電気代の請求書から見えるもの」より。

考えてみれば、と言うより、考えるまでもなく、工業立国から投資立国へと進んできた日本で、農山村が栄えるわけがない。
農林業がほとんど経済的に成り立たなくなるのは、誰の目にも明らかだった。
だからこそ、農林業は補助金や保護貿易の対象になってきた。
その保護が取り払われたときは、地方は破綻するのも分かりきった話だった。


だから、田舎に元気がない、いわゆる地方の疲弊というようなことは、田舎や地方が悪いのではなく、日本の成り立ちからほぼ必然的に導かれてきた結果に過ぎない。
それでも、かろうじて生きてこれたのは、地方交付税などの再配分があったからだ。


今進行していることは、この再配分を一定のルールで自動的に行うのではなく、「お国の意志」にもとづいて差別的に施そうということ。
その、最たるモノが原発関連の補助金と、米軍再編交付金であることは、論をまたない。

志賀町の例もそうだけれども、今回の岩国市長選挙と、沖縄・辺野古への移転問題では、札びらで頬をひっぱたく「再編交付金」の非道さをまざまざと見せつけられた。

地方の破綻は意図的に仕組まれてきたのだ、という思いは確信に変わった。

生活が成り立っていれば、危険なモノの受け入れは、誰だってしたくない。
しかし、経済的に破綻寸前であれば、進んで迎えようとすることもある。

困窮するのを充分分かった上で、そういう仕組みを作っておいて、金が欲しいなら言うことをきけ、と危険なモノを押しつける。
これが、日本の地方政策なのである。


全く同感であるとともに、この短いフレーズにこれだけの情報を詰め込める明月さん(上記ブログの管理人)に敬意を表したくなる。素晴らしい。


話題は少し変わるが、今問題になっている道路財源の話にしても、全国の知事などが世論とは裏腹に自民党と同じような主張をしていることも、この構図と共通点が多い。自治体の財政は中央政府によって極めて強く拘束されているので、「生活が成り立っていれば、危険なモノの受け入れは、誰だってしたくない。 しかし、経済的に破綻寸前であれば、進んで迎えようとすることもある。」という状態なワケである。

つまり、「財政が成り立っていれば、不要なモノの受け入れは、誰だってしたくない。しかし、財政的に破綻寸前であれば、進んで迎えようとすることもある」ってわけだ。これに対して、世論の多くが道路財源の維持に反対なのは、財政制度について全くというほど知識がないから、今の税財政制度のまま財源を削るとどういう結果になるか分かっていないからであろう。「専門性」がないから浅はかな判断にしかならないわけだ。(これは、言うなれば、ある物理学の論文の内容の妥当性を専門知識のない世論に問うているようなものだ。)

私としては、税制を全体として見直し、政府間関係もその中で再構築した上で道路特定財源を――客観的な基準に基づいて必要額を計測した上で――減らす、という手順を踏むべきだと考える。その際、自治体に十分な財源を保障しておけばよい。本当に必要なら自治体が自治体の一般財源で道路を作ればいいからであり、そのための最低限度の保障をきちんとするべきだということだ。地方交付税には主として2つの機能(財政均衡機能と財源保障機能)があるが、そのうちの財源保障機能を高める方向で改革していけばいいのであり、そうなれば道路特定財源はかなり減らせるはずである。


【参考】民主党と知事のやり取り

東国原知事と民主・菅氏、道路めぐり公開討論
2008年02月19日12時50分

 道路特定財源など道路問題をめぐり、民主党の菅直人代表代行と宮崎県の東国原英夫知事らが19日午前、東京都内のホテルで公開討論に臨んだ。

 菅氏の申し入れで実現した。両氏のほか、全国知事会長の麻生渡・福岡県知事、元北海道ニセコ町長の逢坂誠二・民主党衆院議員が参加した。

 菅氏は「道路特定財源は国交省と道路族が力によって配分していて公平公正なルールがない。地方の道路の必要性は感じている。透明性を持って決めるルールを一緒になって考えたい」。東国原氏は「宮崎は高速道路の空白地帯。県外の企業に来て頂こうとしても『交通のインフラはどうですか』と言われる。交通基盤の整備を平等にやってほしい。地方間競争はそこからだ」と訴えた。

 民主党が主張する道路特定財源の一般財源化について、菅氏が「地方分権化のために必要」と主張したが、東国原氏は「まず安定した財源の確保だ。暫定税率が廃止されると予算が組みづらくなる」と訴えた。

[PR]
by zarathustra1883 | 2008-02-21 00:32 | 政治ニュース
<< 安倍晋三、再起動? 冗長であること >>