ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


多元的外交の必要性

米中、軍事ホットライン設置で合意 対話路線が成果
2007年11月05日19時13分

 ゲーツ米国防長官は5日、就任後初めて訪問した中国・北京で曹剛川国防相と会談し、両国が軍事交流を進める上の懸案となっていた直通の軍事ホットラインを設置することで合意した。米国は以前から設置を求めてきたが、中国側が同意していなかった。新華社によると、中国が他国の国防省との間でこうした回線を設けるのは初めてで、対話路線が一定の成果を生んだ形だ。

 ロイター通信によると、設置の具体的な時期は未定。今後、技術面の詳細を当局間で詰めるとしている。

 米国は、中国の軍事力について、実際の軍事費は公表されている国防予算を上回っているはずだと指摘し、透明性の拡大を求めている。米国防総省のサイトによると、訪問に同行している同省高官は「軍事力を増強しても構わないが、そうした能力を何に使おうとしているのかを中国が表明することが平和に寄与する」と述べ、軍事力増強の背後にある「意図」についての意思疎通を明確にして、誤解に基づく対立の激化や偶発衝突を回避できるような信頼醸成措置の確立を求める考えを示していた。

 米中両国の軍事交流は01年の米中軍用機接触事故以降、長年冷え込んでいたが、昨年後半以降、両国の制服組トップがそれぞれ訪問するなど、改善の兆しが出ていた。


こうやって経済だけでなく政治や軍事の分野でもアメリカとの緊密さを増している中国

これと日本が敵対するというのは、外交的センスに欠ける。むしろ、この関係の中にどうやって割って入るか、とか、アメリカに一方的に捨てられるような状態にならない方向性を模索すべきだろう。(アメリカからは今よりも距離をとるべきだが、一方的に捨てられるべきではない。かつて日本はイギリスと同盟を組んでいたが、イギリスはアメリカとの関係を重視して日本を切った。世界的な覇権の変動を見ていると、今回もそれと同じことになりそうである。)

一方的にアメリカに追従して他国との強い関係が欠如していると、「切られた」ときに孤立無援となり、外交的に大打撃を受けることになる。

「外交的セーフティネット」をどのように構築するかが課題である。
[PR]
by zarathustra1883 | 2007-11-12 01:14 | 中国
<< 自衛隊派遣派遣の恒久化法案へ? テロリストがウロウロねぇ…。 >>