ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


なぜ生活者ではなく消費者なのか?

ASAHI.COMより。

「消費者重視へ転換を」 首相、全政策見直し指示
2007年11月01日23時28分

 福田首相は1日、岸田国民生活担当相を首相官邸に呼び、消費者重視の視点ですべての政策や法令を見直し、年内に緊急対策をまとめるよう指示した。相次ぐ食品偽装事件や耐震偽装、薬害肝炎問題などを受け、生産者重視から消費者重視への転換を、政権の基本に据える考えだ。ただ、省庁の意識改革を伴うだけに、実効性のある政策を打ち出せるかは首相の指導力にかかっている。

 首相は岸田氏に対し、「食べる」「働く」「作る」「守る」「暮らす」の五つの観点から全省庁の政策や法令を総点検するよう求めた。岸田氏が各省庁の対策をとりまとめ、有識者の意見を聞いたうえで、首相に報告する。法改正が必要なものは、来年の通常国会に改正案を提出するという。

 主な見直し対象には、品質表示の適正化や医薬品情報の開示のほか、輸入食品の監視、高齢者らを狙った悪質商法の防止、フリーターを中心にした雇用対策、地域の治安対策などが挙がっている。

 首相は参院選で「生活第一」を掲げる民主党に惨敗した反省などを踏まえ、所信表明演説で「生産第一という思考から、国民の安全、安心が重視されなければならない時代になった」と宣言。「生産者の都合から政策を考える役所の発想を根本から変える」(首相周辺)として、側近と勉強会を繰り返してきた。

 ただ、すべての政策を消費者の視点から見直すという「壮大な計画」(首相周辺)だけに、「テーマが多岐にわたるうえ、生産者側からの発想に染まった官僚に案が出せるのか」(内閣府幹部)と懸念の声も漏れる。「テーマを具体的に設定し、発想の転換を迫らなければ省庁側は動かない」(政府高官)との見方も出ている。


口先だけだとしても悪くないことだ。あとは、口先だけのリップサービスを利用して悪用されないように監視することが必要だ。その意味で今回の福田首相の発言を歓迎する。

もちろん、福田首相は、自民党という保守政党(いまやネオコン政党だが)の生き残りのためにこうした転換(のポーズ)を行っているのだが、それでも少し前まではネオリベやネオコン路線を自民党と民主党で競っていた時代があったのだから、それよりはマシだと言える。

民主党が政権をとりたければ、こうした「生活者重視」の視点で「対案路線」の競争をすればいい。小泉と前原のネオリベ的対案路線での競争とは逆方向に。

しかし、「生活者」ではなく「消費者」というのは引っかかる。

メルマガなどを見ると、一応、消費者と並べて生活者という表現もでていたが、「消費者」というのは、人間生活のうち、かなり限定的な側面しか捉えていないし、本当に困っている人というのは、それ以前の水準で困っているものではないかと思う。

そもそも、生産者と消費者を並べているが、最近の日本でやたらと設けている財界は生産者と消費者になぞらえて言えば「投機者」みたいなもんだろう。それを隠蔽する言葉であるように感じられてならない。

まぁ、個々の具体的な政策をチェックしてから結論を出すことにしたい。今のところは「お手並み拝見」というところだ。引用した記事でも述べられているように、かなり具体的に課題を設定しないと、官僚の動きは変わらないだろう。それだけのものを出せるほどの力量があるブレインが福田内閣の下にいるかどうかが問われる。

また、官僚の中にはそうした観点(生活者、消費者の観点)を理解しているものがいるはずだから、その中から人材を引き上げてくることができるかどうかということも、中期的には重要になってくるだろう。
[PR]
by zarathustra1883 | 2007-11-12 00:41 | 政治ニュース
<< テロリストがウロウロねぇ…。 防衛省は予算要求権のない防衛庁... >>