ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


成長重視派?

ASAHI.COMより。

「成長重視派」と「財政再建派」が舌戦 自民財革研
2007年10月24日20時53分

 消費増税論議を主導する与謝野馨前官房長官ら「財政再建派」が集う自民党の財政改革研究会に24日、小泉・安倍内閣の改革路線を支持する「経済成長重視派」の議員が顔を出し、舌戦を繰り広げた。

 口火を切ったのは、竹中平蔵元総務相らと改革路線を訴える山本一太参院議員。「成長と歳出削減が必要だ。安易に消費税を持ち出すと財政規律が緩む」と主張した。これに対し、与謝野氏に近い園田博之・党政調会長代理が「社会保障制度そのものを維持するための財源はどうするのか」と切り返し、津島雄二・党税制調査会長も「成長だけで頑張れるという人たちの意見の根拠を聞きたい」と畳みかけた。

 会合後、財政再建派の後藤田正純衆院議員は、山本氏の発言に「ほんの一部、いまだに成長を阻害するのではと訳のわからない議論をする人がいたが、今日の議論で合意はできた」。


「成長重視派」という用語には語弊がある。

あたかもそれとは対立する人々はあたかも「成長を軽視」しているかのような印象を与えるからである。むしろ、彼らは成長に頼って財政による再配分をなるべくしないようにしたいと考えているのだから、「成長依存派」と呼ぶべきだろう。

自民党のリベラルのやり方が良いかどうかは別としても、基本的には再配分を強めた方が、日本経済の安定性は強固になり、これまでは利用されなかった人的および物的資源が活用されることになるために、「無駄がなくなる」のである。つまり、再配分をした方が「効率的」なのだ。(この点については例えばこのエントリーを参照。わかりにくいかもしれないが…。)


なお、津島氏が上述の「成長依存派」に対して述べている批判(成長だけで頑張れるという人たちの意見の根拠を聞きたい)は適切なものである。

なぜならば、経済は成長したりマイナス成長したり、成長が鈍ったり早くなったりするのに、そうした状況を十分考慮せず、彼らはどんな成長の状態のときでも「成長を重視すべき」と言っていると思われるからである。

(もちろん、見かけ上は数字を出して計算しているが、特に政策決定に深く関わる場面でなされる試算は、所詮都合の良いように数字合わせをしたものに過ぎず、客観的なものとは言いがたい。)
[PR]
by zarathustra1883 | 2007-10-31 02:01 | 経済・財政
<< 中国経済はプラザ合意前の日本経... 覇権の認識(メモ) >>