ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


給油についての世論の動向+「政治ブログ」について

自民党はしぶとい政党である。なぜならば、官僚という下駄を履いているからであり、財界の資金が背景にあるからであり、それらによって情報を操作しやすい立場にいるからだ。

しかし、この朝日の世論調査では、世論操作がある割に給油継続に反対のほうが多いのは意外だった。やはりイラク戦争への加担という疑惑は大きいか?

自民党は失政や不祥事がどの程度出てくるかということによって、政権政党にとどまれるかどうかを大きく左右するだろう。福田首相は政策として何をしたいのか全くというほど言っていないし、そういうメッセージも伝わってこない。彼がやろうとしているのは自民党という政党の延命であり、自民党が与党であり続けることであろう。福田内閣の攻めにくさは、そもそも彼が「亀の甲羅」に閉じこもる姿勢であるところにある。

民主党は法案などでも攻勢に出ており、政権を取れる政党であることを示そうとアピールしている。これはある意味では正しいやり方だが、多くの一般庶民は政策の良し悪しを判断するだけの技能を持たない。比較的表面的なイメージでしか判断できない。少なくとも社会科学、それも政策科学をやってきた身からするとそう言わざるを得ない。これは庶民を蔑視しているわけではない。政策というのは様々な分野にわたって専門性が要求されるものだから、そうなるのである。

自衛隊給油継続 賛成39%、反対44% 本社世論調査 
2007年10月16日03時30分

 朝日新聞社が13、14の両日実施した全国世論調査(電話)によると、インド洋での自衛隊による活動の継続について賛成が39%、反対が44%だった。賛成は安倍前首相の辞任表明を受けて実施した9月13日調査の35%からやや増えたものの、なお反対が上回っている。

 政府は自衛隊の活動を継続させるため、現行のテロ対策特別措置法に代わる新法案を国会に提出する方針だが、この新法案の中身についても賛否を聞いたところ、賛成は28%にとどまり、反対が48%を占めた。

 また、福田内閣の支持率は47%で、発足直後の53%からやや下がった。不支持は30%(前回27%)だった。衆院解散・総選挙の時期については「早く実施すべきだ」が9月13日の調査の50%から32%へと大きく減り、「急ぐ必要はない」が43%から60%に増えた。

 望ましい政権の形については、「自民中心」が33%で、「民主中心」32%とほぼ並んだ。9月13日調査では「民主中心」が41%、「自民中心」が33%だった。


ちなみに、世論調査とは話が変わって政策の専門性について補足する。

政治について毎日のようにブログを書いているブロガーも、政策について語ることはまずない。「政治ブログ」は「政局ブログ」か「政治ニュースブログ」でしかありえない。一般庶民が書く限りはそうならざるを得ないのだ。

政策批判をしているつもりの場合でさえ、多くの場合、結局は、政局を語っていたり、政策の考え方(イデオロギー)を批判するという仕方で、ブロガー自身のイデオロギーを語ることで終わる。これは庶民の限界であり、それはある程度仕方がないことだ。しかし、そのことは自覚したほうがいいのかもしれない。

私は幾つかの分野については、ある程度専門的に語れると思っているが、ブログという媒体では、それを語ることは難しいと思っている。特に政治運動としてブログで政策を語るのは基本的には誤りだと思っている。(よほど文才に恵まれているなら話は別だろうが。)

なぜならば、多くの人はゴシップやテレビや新聞で繰り返し話題、特に人物にについて調べる。それが一般的なネットの使い方らしいからだ。

人物で検索されるなら、政局を語るほうがヒットしやすいのは自明である。ゴシップならニュースを茶化して手短に書くほうがいい。政策を語ると文章が長くなる上に、分かりやすくかけるとも限らない。さらに問題なのは、積極的に政策を語るなら賛同者は少ないだろう、ということだ。

それに対し、政府の政策を批判するなら一言でできる。それはゴシップ(週刊誌)のレベルでできるのだ。アクセスを増やし、多くの人に賛同できる情報を流しながら、読者の考えに影響を与えるなら、政策よりゴシップや政局を語る方がよい。

ただ、政治ブロガー(政局ブロガー)を相手に政治ブログ(政策ブログ)を書く、いわばメタレベルで運動をするならば、理念的なものを示し、「大きな物語」を語ることには意味があるし、望ましい政策を語るのも悪くはないのかもしれない。当たり前のことだが、誰に語ろうとするのかによって、書くべきことも変わってくるわけだ。

ちなみに、このブログの主な用途は自分用のニュースや考えたことのメモである。あとはメインブログのエントリーを短くするための書庫(参照先)ってところだろう。前者の比重が高いのがこっちのブログで後者の比重が大部分なのが「アヴェスターにはこう書いている?」のブログという感じかな。
[PR]
by zarathustra1883 | 2007-10-18 23:09 | 政治ニュース
<< 米中関係は再重要? 消えた航海日誌(メモ) >>