ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


選挙結果は対米関係までも変化させる?

情報公開こそ権力独占を打破する第一歩である。

「ねじれ国会」などと呼ばれる「政治の正常化圧力」が生じたことで、多少はまともな議論がなされるようになった。以下のASAHI.COMの記事はそうした事例である。これまでの対米追従しか能がない自民党政治であれば、アメリカ政府に裏づけなど要求するはずもないからな。

米「イラクへの給油転用ない」 日本側、裏付け要求
2007年10月10日10時03分

 テロ対策特別措置法に基づき、インド洋で活動する海上自衛隊の補給艦がイラク戦争直前の03年2月、米空母キティホークへ間接的に給油していた問題で、米政府が日本政府に対し、「イラク作戦への転用はない」と回答していたことがわかった。しかし、当時、同空母が受けた80万ガロンの燃料を対テロ作戦に限定して使用したという具体的根拠は乏しいため、日本側は米国の説明は不十分として、さらなる資料の提供を求めている。

 米側からの回答は5日に日本政府に示された。政府関係者によると、「キティホークが補給を受けた80万ガロンはアフガニスタンでの『不朽の自由作戦(OEF)』に使用された」との内容で、80万ガロン(3030キロリットル)の燃料提供を受けた同空母が、給油後にどのように活動したのか具体的には明らかにされていないという。

 そのため政府は「80万ガロンをすべて対テロ作戦で使ったとの米国の説明だけでは不十分。給油後にどのような軍事作戦に携わっていたか、具体的に示してもらう必要がある」(防衛省幹部)として、改めて追加資料の提供を米側に求めている。

 石破防衛相も9日の衆院予算委員会で「米国に問い合わせて、それ(転用)はないとの確認を得ている。それは何によって裏付けられるのか精査しなければならない」と語った。同省は、キティホーク以外の給油艦船についてもデータを照会している。

 同空母への間接給油は03年5月、第5空母戦闘群のモフィット少将の証言によって発覚。当時の防衛庁は「補給量は20万ガロン(760キロリットル)」としていたが、今年9月、市民団体「ピースデポ」(横浜市)が米情報公開制度を通じて得た航海日誌などから「補給量は80万ガロン」と指摘し、政府は給油量を80万ガロンに訂正した。これを受け、日本政府はテロ特措法の目的外の使用がなかったかどうか、米側に確認を求めていた。

 一方、同省は9日、インド洋での海上自衛隊による国別の補給艦への給油実績を発表した。それによると、01年度以降の間接補給の合計26万7000キロリットル(105回分)のうち米艦船向けは23万7000キロリットル(計87回)で、全体量の約89%を占めることがわかった。

 特に米英軍がイラク攻撃に踏み切り、米艦船への給油総量が16万8500キロリットルと突出した02年度に、米補給艦向けの給油が13万8000キロリットルと8割強を占めることも明らかになった。

[PR]
by zarathustra1883 | 2007-10-12 02:19 | 政治ニュース
<< 安倍政権と福田政権へのアメリカ... 苦しくなる生活、低下する経済的地位 >>