ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


規制緩和と犯罪の増加をネットワーク科学で読み解く

asahi.comより。

偽装請負で文書指導、06年度急増2646件 厚労省
2007年10月04日08時24分

 厚生労働省が06年度に偽装請負関連で文書指導をした件数が、前年度の2.7倍の2646件に激増していることが3日、わかった。労働者派遣法違反に対する指導件数の全体も73.5%増の6281件で、調査に入った件数に占める指導割合(指導率)は64.2%に達した。規制緩和で労働者派遣が拡大したのに伴い、違法行為も横行していることを示している。

 厚労省は、実態は派遣なのに請負を装う違法な偽装請負への批判を受けて、指導を強化。06年度は、偽装請負関連の立ち入り調査を前年度の2.3倍の3474件に増やした。その結果、請負事業主への文書指導は前年度の3倍の1843件、発注者への指導は2.2倍の803件に増えた。偽装請負関連の指導率は76.2%に上った。

 指導内容は、請負事業主向けでは契約内容の不備が645件で最も多く、二重派遣などの職業安定法違反が485件、港湾荷役など派遣禁止業務への派遣が35件。発注者向けでは、無許可業者からの労働者の受け入れが192件だった。

 偽装請負以外では、派遣元企業への指導が前年度より36.2%多い3032件、派遣先企業向けが43.6%増の603件。派遣元への指導は、派遣契約の不備(1380件)や就業条件を明示しない(1325件)など。最長3年の派遣可能期間を超えた違法派遣も100件あった。派遣先に対する指導でも契約の不備が目立ち、派遣可能期間を超えた労働者の受け入れも55件あった。


「規制緩和で労働者派遣が拡大したのに伴い、違法行為も横行している」というのは重要だ。

『急に売れ始めるにはワケがある』という本によれば、かつて犯罪都市だったニューヨークは、地下鉄の壁の落書きを消すことで街全体の秩序が回復したという。この本はそうした現象が起こるメカニズムを解明している。その説明は省くが、犯罪を防止するには、落書きをやめさせることが効果的であるという事実が示すのは、細々したことを放任することは、大きな犯罪につながるということでもある。

規制緩和により事前承認制から事後的なチェックが重視されるようになると、当然、見つからないような小さな脱法行為や違法行為が次々と編み出されていくだろう。それは、「地下鉄の落書き」のような役割を果たす。それが引き金となって違法行為はエスカレートしながら蔓延するようになる。上のニュースの事例などもまさしくその類だろう。

小さな脱法行為であれ、それをすることが競争上、他の企業より有利になるならなおさらその方向へのインセンティブが働くのならば、中立的な条件(?)よりも脱法行為の拡散が起こりやすいということだ。

こうした分野にも複雑ネットワーク研究の知見は活用できることに明確に気づいた。上記の著書を読んだ収穫である。(もちろん、他の本も読んできた下地が利いているが。)この知見を世間に広めるのは容易ではないが、まずは自分が使いこなすところからはじめていこう。
[PR]
by zarathustra1883 | 2007-10-12 01:13 | 政治ニュース
<< 企業献金は禁止すべきだ! 新たな税源? >>