ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「法律に則って」の次は「単純ミス」かよ!?

すでにメインブログでは、安倍内閣は改造をしても何も反省していないということを指摘した。今回はその続き。

以前、安倍は佐田元行革相はあっさり切った後も、次々と出てくる「政治とカネ」の問題に対して「法律に則って」適切に処理しているとして突っぱねてきた。改造後は早速、遠藤前農水相が辞任に追い込まれた訳だが、それ以後も続く「政治とカネ」の指摘に対して(先日の麻生幹事長や与謝野官房長官との会食後からだと思うが)、またもやワンパターンの対応が目立ってきた。曰く、「事務的な単純ミス」だという。

単純ミスである場合、単に「単純ミスだ」と口先で言うだけでは証明にならず、事実関係を明らかにして書類の記載だけがおかしかったことを示さなければならないのではないか?果たしてかれらはそれを行うだろうか?行っているだろうか?

以下、asahi.comより。

自民二階派、パーティー収入で記載漏れ 川崎元厚労相も

2007年09月07日19時06分

 自民党二階派(会長・二階俊博総務会長)の政治団体「新しい波」は7日、05年に開いた政治資金パーティーの収入に記載漏れがあったとして、同年の政治資金収支報告の訂正を総務省に届け出た。会計責任者の泉国家公安委員長は閣議後の記者会見で記載漏れの事実を認め、「責任は私自身にあると思っております」と述べ、二階総務会長も「事務的にミスがあった」と説明した。

 二階派事務所によると、都内の政治団体「新政治問題研究会」(06年に解散)など2団体がパーティー3回計318万円分を購入したが、「新しい波」の収支報告書には団体名などを記載していなかった。政治資金規正法は20万円超のパーティー券収入について、購入者を報告書に記載するよう定めている。06年の収支報告でもパーティー収入を実際より24万円分少なく記載しており、総務省に訂正を申し出た。

 また、川崎二郎元厚労相の資金管理団体「白鳳会」の04年の収支報告についても、同研究会によるパーティー券購入60万円分が記載漏れになっていた。川崎氏の事務所は「詳細が確認できしだい、総務省に訂正を届け出る」と話している。


小泉昭男議員、貸付金3300万円記載漏れ 「単純ミス」

2007年09月07日20時03分

 小泉昭男・財務政務官(参院神奈川選挙区)は7日、04年の資産等報告書に自らが代表を務める「自民党神奈川県参議院選挙区第2支部」に対する貸付金3300万円を記載していなかったとして、参院に訂正を届け出た。小泉氏の事務所は「単純なミス」としている。

 事務所によると、資産等報告書の貸付金の欄には「該当なし」と記載していたという。政党支部の政治資金収支報告書には借入金の記載があり、事務所側のチェックで誤りに気付いたという。


鴨下環境相、通帳の写しを公開 記載ミス強調 

2007年09月08日01時53分

 鴨下環境相の資金管理団体の政治資金収支報告書に、借入金額の記載の食い違いがあった問題で、鴨下氏は7日の閣議後の記者会見で、個人の預金通帳の写しを公開し、記載ミスだったと改めて強調した。鴨下氏の事務所は同日、関連する収支報告書などの訂正を終えたと明らかにした。

 この問題で鴨下氏は、96年の資金管理団体の自らからの借入金が、当時は200万円としていたのに、後に1000万円と記載されていることについて、200万円が正しく、1000万円の記載は「事務的なミス」としていた。

 公開した写しには96年5月23日に200万円を引き出した記録があり、鴨下氏は「96年はこれ以外に200万円以上を引き出した形跡はない。1000万円は誤解に基づいた記載で、200万円と確認した」と話した。ただ、資金管理団体側に200万円を入金した証拠などは示しておらず、流れは依然明確ではない

宮路元副大臣、領収書添付漏れ 二重計上も

2007年09月08日02時26分

 元厚生労働副大臣で自民党鹿児島県連会長の宮路和明衆院議員(鹿児島3区)が、05年の総選挙に使った費用を掲載した「選挙運動費用収支報告書」で18件約586万円分の支出について、提出しなければならない領収書を添付していなかったことが7日わかった。さらに、うち約540万円を、宮路氏が代表を務める「自民党鹿児島県第3選挙区支部」の支出に二重計上していた。県選管が指摘し、事務所側は同日、報告書を訂正した。

 宮路氏の事務所によると、二重計上した約540万円を選挙運動費用から差し引く訂正をし、約586万円との差額に当たる約46万円分の領収書を新たに提出したという。

 宮路事務所の安庭徹所長は「個人の選挙運動と支部の政治資金を整理しないで報告した。こちらの勘違い。今後は適正に整理して、こういうことがないように努めたい」と話している。


人間のやることだから間違いはあるだろう。しかし、公金に対してここまでルーズでいいものだろうか?単に口先だけの説明ではなく、事実関係を十分に明らかにする必要がある。
[PR]
by zarathustra1883 | 2007-09-10 01:54 | 政治ニュース
<< 共産党の選挙戦術の転換 安倍による北朝鮮外交の失敗が表... >>