ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


望ましい外交とは

アメリカ側の中国への配慮は、モロに日本政府側の意図を直撃していて面白い。普通、外交の場で、こんなにモロに本音トークがされることはない。

それにしてもこんな提案が喜んで受け入れられると思っていたのだとすれば、日本政府は相当馬鹿なんじゃないか?アメリカの基本的な方向性としては、これから徐々に日本から中国に重点を移していこうとしているワケだから、こんな提案は簡単には飲めないだろう。

日本の外交がとるべき方向性は、経済での日米中の一体化に合わせて、三国の政治的関係を緊密化させることだろう。その意味で中国との関係改善こそ先にすべきであり、こんな提案をしている場合ではなかろう。その上で、アメリカに過剰な干渉をされないように、アメリカとは「政経分離」を進めることが必要だろう。日米に関しては、一体化するほど緊密なのは日本という弱い側のアクターにとっては却って不利だからな。

つまり、アメリカとは微妙に距離をとることで過剰な干渉を避け、同時に中国など近隣諸国とのそれなりの友好関係を構築することで、アメリカの帝国主義的政策に対しては、部分的に対抗のための共同戦線を張ることができるような余地を残しておく。そういう戦略が必要だろう。

ちなみに、憲法の問題もここに絡んでくる。政経分離の一環として、9条という「外交防波堤」があることが望ましいのだ。

それにしても、修正主義者が政権をとっている日本と慰安婦決議を採択したアメリカが「価値観を共有」するとはとても思えないが?

asahi.comより。

日米豪印対話、ライス長官「慎重に」 小池防衛相と会談
2007年08月10日14時28分

 ライス米国務長官は9日、訪米中の小池防衛相と会談し、安倍首相らが提唱する「日米にオーストラリア、インドを加えた4カ国戦略対話」の枠組みについて「中国に対して予期しないシグナルを送る可能性もある。慎重に進める必要がある」と否定的な見解を示した。

 今月下旬にインド訪問を予定している安倍首相の外交戦略にも影響を与えそうだ。「価値観外交」を掲げ、横のつながりを広げたい安倍政権に対して、対インド関係を「戦略的パートナーシップ」と位置づけながらも中国に配慮したい米国との温度差が表面化した形だ。

 防衛省の説明によると、会談で小池氏が「日米は価値観を共有しており、豪印との連携が進めばさらに安全保障が強化される」と説明。これに対しライス氏は「インドとは個別の具体的協力を進める中で関係づくりをすることが適切だ」と述べ、2カ国間関係の強化にとどめるべきだとの考えを示したという。

[PR]
by zarathustra1883 | 2007-08-11 22:37 | 政治ニュース
<< 外交分野での「敗戦」が始まった? 政府による外国向けプロパガンダ... >>