ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


安倍続投についてのメモ

★政策で負けたのではないという議論に対しては、安倍は政策以前のレベルで負けたのであり、政策を行う資格がないと審判が下されたということだ、と言っておく。

asahi.comより。

首相続投「なんで?」 「後継不在」、容認の声も
2007年07月30日17時33分

 「私の国造りはスタートしたばかり。これからも責任を果たす」。参院選で37議席という大敗を喫しながら、安倍首相は続投を表明した。政権に厳しい審判を突きつけた有権者らには、続投に疑問を投げかけ、辞任や衆院解散を求める声が目立つ。一方で「政策で負けたのではない」と首相に理解を示す声もあった。

 「安倍さんは『自分を選ぶのか、小沢さんを選ぶのか』と言っていた。選挙で審判が下ったのだから辞めるべきだ」。千葉県我孫子市の会社員男性(35)は、通勤途中の東京・池袋駅で「自民 歴史的大敗」の大きな見出しが付いた朝刊を食い入るように読んでいた。

 社内ではふだん、政治が話題に上ることはないが、今回の参院選では同僚とよく議論になったという。「自民党の広告に『年金を守ります』とあったが、感覚がおかしい。だれが不信を募らせたのか分かってない」と語った。

 同じく通勤途中だった中野区の会社員男性(30)も「負けておいて、『責任を果たすために続投』というのはまったく筋が通らない」と話した。「実際はこれだけ逆境だと他に誰もやりたがらないのだろうが、こういう時こそ中堅、若手が声を上げるべきだ」と自民党に注文をつけた。千葉県松戸市の会社員(41)は、株価の下落が気がかりだと言い、「首相は自分にノーを突きつけられたという自覚がない。早く解散総選挙をすべきだ」と話した。

 東京都世田谷区の大学4年の女性(22)は「国民がノーと言ったのになぜ続けるのか。惨敗の責任は総裁にあるのでは」と言う。「安倍さんの続投は政治家の都合。市民の感覚とはかけ離れている

 一方で、首相の続投に理解を示す声もある。渋谷駅近くで買い物中だった世田谷区の主婦(31)は今回の選挙で、消費税や少子化対策など、もっと具体的な政策論争を期待していた。「自民は不祥事で負けただけで、政策で負けたのではない。新たな党首選びや人事にエネルギーを費やすのは本末転倒だと思う」と語った。

 新宿区で作業服小売業を営む男性(63)は、自民党員。閣僚の失言が相次ぎ、首相に任命責任があると感じているが、「安倍さんに代わる人がいないから、続投はやむを得ないのでは」とみる。参院選は地元区議らの選挙と違い、「あまり身近に感じない」という。今回は選挙区と比例区で与党、野党に分けて投票した。

 石油価格の高騰を受けて、ポリエステル製の作業着などが値上がりしているという。「消費税だけは上げないでほしい。ただでさえ値上がりしているのに、客から文句がくる。でも今回の選挙では議論にならなかったな」


★次は、赤旗より。的確なたとえだ。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-07-31/2007073102_03_0.html

 プロポーズを断られても、「君を幸せにすると約束した。それが僕の使命だ」とつきまとうようなもので、安倍政権にノーを突きつけた国民のいらだちは募るばかりでしょう。

[PR]
by zarathustra1883 | 2007-08-06 00:07 | 政治ニュース
<< 参院選についてのメモ 米国産牛肉の輸入の話 >>