ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


年金記録漏れ問題は事前に予想されていた?

「消えた年金」が統合できない可能性について、事前に予想されており、その可能性を認識しながら導入したという。これは重要な問題である。

普通、行政の仕事というのは、ある程度の確実性を担保してから行うものだと思うが、この件についてはそうなっていなかったということだ。政治的な判断が背景にあったために、技術的に対応できなかったという可能性も考えられる。仮に私の推測が正しいとすれば、政治家(当時の首相や厚生大臣、社保庁長官)の責任は極めて重大だということになるだろう。

2007年6月6日(水)「しんぶん赤旗」

消えた年金 国民の被害20兆円
小池議員試算
政府、20年前から予測可能


--------------------------------------------------------------------------------

 「国の責任まで分割・民営化して消し去ることは許されない」―日本共産党の小池晃議員は五日の参院厚生労働委員会で、「消えた年金給付」が二十兆円にものぼる可能性があるとの試算を示し、政府の責任で解決に全力をあげるべきだと迫りました。小池氏は、「国民に責任はなく、ひとえに政府にある。解決も政府の責任でおこなうべきだ」と指摘。柳沢伯夫厚労相は「おわび申し上げる。政府、厚労省、社保庁に責任がある」と認めました。

--------------------------------------------------------------------------------


(写真)質問する小池晃議員=5日、参院厚生労働委

 小池氏は、『社会保険庁二十五年史』(一九八八年刊行)で、問題の発端となった基礎年金番号導入の十年前、すでに「同一人の記録が複数で管理されることとなり、本人の職歴と合理的につながらないことが往々にして生じる。これは、年金の支給に関し被保険者に不利益をもたらす」と総括していたことをあげて、「『消えた年金』が大量に発生することを予測できたはずだ」とただしました。社会保険庁の青柳親房運営部長は「番号導入の時点で未統合がかなり発生するという見通しはあった」と認めました。

 「見通しが甘かった」という柳沢氏に対して小池氏は「甘いどころでない。保険料を納付したのに記録がなくなる。これは詐欺だ。すでに年金を受け取れないまま亡くなった人もいる。責任は重大だ」と批判しました。

 小池氏は、五千万件の年金記録について、平均加入月数が最低の一カ月だとしても奪われた給付は三兆一千百三十七億円、六カ月では約二十兆円にものぼるとの試算を紹介。厚労省側はこれを否定できませんでした。

 政府は、一年以内に調査が終わる根拠も示さず、「記憶を呼びおこしていただく」「いろいろ材料を集めてもらう」などとのべ、申請も証明もあくまで本人に負わせる考えを改めて示しました。

 小池氏は「国民に何の落ち度もないのに、ひどいやり方だ」と批判。「問題だらけのまま分割・民営化すれば問題の解決ができなくなる。いったん立ち止まって『消えた年金』問題を徹底的に解決すべきだ」とのべました。

[PR]
by zarathustra1883 | 2007-06-11 03:07 | 政治ニュース
<< 580億円払って使わないミサイ... 政策ライブトークが不人気なことなど >>