ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


社保庁解体という責任逃れ

以下は、2007年6月6日(水)「しんぶん赤旗」の「主張 年金参院審議入り 国の責任で調査し、解決図れ」という記事の結論部分である。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-06-06/2007060602_01_0.html

問題解決に議論尽くせ

 安倍内閣が「一年で」やるとしている対策の中身は、一年でできることしかやらないという程度の内容にすぎないことが浮き彫りになっています。なにより、社保庁の解体・民営化を強行することは、国の責任まで「消して」しまう最悪の責任逃れにほかなりません。

 議論をふりだしに戻して、宙に浮き、消えた年金の問題を解決するために、国民の前で徹底的に議論を尽くす必要があります。


全く同意見である。特に、責任の所在どころか事態の全容や原因の把握もできていないまま、組織を解体してしまうことは不合理極まりない。下手をすると、年金事業自体が消滅しても政府は責任を取らないというところまで行きかねない。

菅直人に責任をなすりつけようとしたり、歴代の社保庁長官の責任を追及すると言ったり、とにかく安倍政権は無責任内閣なわけだが、社保庁の解体もまたそれと同じように無責任なやり方である。

その際の口実として使われているのが、「労組が悪い」と言っているわけだ。この議論は徹底的に潰す必要があり、可能であればこの屁理屈を自民党が出せないようにすることが望ましい。
[PR]
by zarathustra1883 | 2007-06-08 00:09 | 今日のひとこと
<< 日本はもはや法治国家ですらない 地方共同税は「地方疲弊政策」の... >>