ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ムネオ議員に期待!

きっこの日記より。

■2007/06/06 (水) どちらが嘘つきなのか?

以前も書きましたが、自殺した松岡大臣が、ホントは「すべてを国民に話して謝罪したかったのに、国対や上の人間から口止めされていて、それができなかった」という趣旨のことを「松岡大臣本人から聞いた話」として、鈴木宗男議員が、自分の「ムネオ日記」に公開しました。

それに対して、アベシンゾーは、「そんなことは絶対にない!」と語気を強めて完全否定した上に、「鈴木議員が何のつもりでそんなことを言っているのか知りませんが」と、まるで鈴木宗男議員が嘘をついているとでも言わんばかりの発言をしました。

そして、6月4日のテレビ朝日の「ビートたけしのTVタックル」では、この鈴木宗男議員の日記の内容に対して、ハマコーが、「ムネ(宗男)なんかウソつきだ」と言い放ったそうです。

以下、6月5日の「ムネオ日記」より。

2007年6月5日(火)
昨夜のTV朝日「ビートたけしのTVタックル」で、松岡利勝前農相の自殺問題が取りあげられた。三宅久之さんが私の5月28日付「ムネオ日記」の内容に触れると、浜田幸一先生が「ムネ(宗男)なんかウソつきだ」という発言があった。野中広務先生をはじめ、多くの先生から「人権問題だ」「浜田幸一がなんぼのモノだ」「横暴を許すな」「鈴木君闘え」等々激励が入る。今日、事務所にも心ある人から「あの言い方はひどい」「何様と思っているのか」といった声が寄せられる。(後略)
http://www.muneo.gr.jp/html/page001.html

あたしとしては、ハマコーなんてどうでもいいから、その前に、「ムネオ日記」の内容を完全否定し、嘘つき呼ばわりしたアベシンゾーに対して、徹底的に国会で言及して、松岡大臣を自殺に追いやった責任を追及して欲しいと思います。

ちなみに、鈴木宗男議員は、国対の「誰」から口止めされたのか、上の人間とは「誰」なのかも、松岡大臣から聞いているそうで、それらの名前を公表する準備があるそうです。

アベシンゾーも、そろそろ年貢の納め時ですね。


ムネオ議員には大いに期待したい。松岡前農水相の自殺は、安倍政権と安倍晋三という無能な三世政治家にとって永遠に抜けない棘である。衆院の絶対多数とマスコミという2重の防護壁に守られているため、なかなか一撃必殺の決定打には至らない中にあって、この問題の追及は重要な位置を占めうる。なぜならば、マスコミにとって極めて高いニュースバリューがあるからである。

現在の保守的社会構造――すなわち、ある権力が大きければ大きいほど、ますますそれ以外の別の権力によって当該権力が保護される構造――においては、マスコミという防護壁を突破できる問題だけが政権に致命的でありうる。
[PR]
by zarathustra1883 | 2007-06-07 23:24 | 政治ニュース
<< ヘゲモニー移転の準備段階 自民党による労組叩きは、ホワイ... >>