ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


フランスでスト骨抜き法案を検討

ストを骨抜きにする方法…。

これは巧妙なやり方であり、注視する必要がある。日本でも労使のパワーバランスが今よりもさらに使用者側にシフトすれば、公共性のそれほど高くない領域でもこうしたやり方がとられるようになる可能性すら否定できない。

フランス「名物」交通スト骨抜き策 法制化を検討
2007年06月02日06時12分 asaahi.com

 フランスの「風物詩」でもある交通ストライキ。その最中も最低限の鉄道やバスなどの運行を可能にする法案の成立を、今月の総選挙後に開く議会でサルコジ政権が目指している。「スト中も出勤しなければならない勤労者の権利を守るため」と政府は説明するが、労組は「スト権が脅かされる」と警戒している。

 ベルトラン労働相はこのほど、「来年1月から仏国鉄に『ミニマムサービス』を導入する」と表明した。ミニマムサービスとは、スト中でも交通機関や学校、郵便業務で最低限の公共サービスを維持する制度。まず公共交通を出勤と帰宅の時間帯に3時間ずつ運行する案を検討している。

 フランスでは95年、シラク政権の社会保障改革に反対する公共部門の大規模ストで、社会が3週間マヒ状態になった。昨春の波状ストでは、政府は若者向け雇用改革を余儀なく撤回。今後、「解雇しやすい雇用契約」「残業しやすい勤務」など痛みを伴う改革が目白押しのサルコジ大統領は、右派政権の悲願だった「ストの骨抜き」にまず手をつける構えだ。

 労組は「労働者に闘いを挑む前に、ストの権利を攻撃する。サッチャー(英元首相)と同じやり方だ」としている。

[PR]
by zarathustra1883 | 2007-06-05 02:36 | 世界情勢・外交
<< 改正パート労働法――再チャレン... 日本とロシアの外交 >>