ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


松岡農水相の新疑惑とナントカ還元水

こういうことにかけては赤旗や共産党はなかなか頼りになる気がする。

2007年5月8日(火)「しんぶん赤旗」

松岡農水相に720万円
新たな政治献金が判明
林道業界

--------------------------------------------------------------------------------

 農林水産省所管の独立行政法人「緑資源機構」発注の調査業務をめぐる官製談合事件で、公正取引委員会の強制調査を受けた公益法人などから献金を受け取っていたことが判明、問題になっている松岡利勝農水相(衆院熊本3区)が、新たに調査対象業者も会員になっている別の林道業者団体やその政治団体から計七百二十万円の献金を受けていたことが本紙の調べでわかりました。

--------------------------------------------------------------------------------

 この林道業者団体は、緑資源機構からの公共工事を受注する全国の森林土木業者やコンサルタント会社で組織する「特定森林地域協議会」(特森協)。公取委の強制調査を受けた林野庁所管の公益法人や民間コンサルも会員になっていました。

 政治資金収支報告書によると、特森協の政治団体「特森懇話会」は、一九九八年九月に設立されてから、二〇〇五年まで、年一回、政治資金パーティーを開催、毎年、二百八十八万―九百二万円の収入があります。二〇〇〇年には、全国治山林道政治連盟から約百六十万円の寄付もありました。

 こうして集めたカネを特森懇話会は、「渉外費」として、自民党の国会議員を中心におもにパーティー券を購入する形で資金提供しています。

 このうち、松岡農水相の資金管理団体「松岡利勝新世紀政経懇話会」は二〇〇〇年に二十万円の献金と百万円分のパーティー券、〇一年には、「松岡利勝君と語る会」など二回のパーティー二百二十万円分など、〇五年までの六年間で計五百二十万円の資金提供がありました。(表は省略)

 また、松岡農水相が支部長の自民党熊本県第三選挙区支部は、〇五年に特森協宮崎地区協議会から二百万円の献金を受けていました。

 東京都港区西新橋のビル七階に事務所があった特森協は、公取委が緑資源機構や業者を立ち入り検査した直後の昨年十一月、突然解散したといいます。特森協の事務所に同居していた特森懇話会も、総務省によると、ことし一月十一日に解散しています。

 本紙は松岡事務所に対し、献金の趣旨と返金の意思について問い合わせましたが、七日までに回答はありませんでした。



まず、自民党の政治活動の自由という言い訳は笑止千万。「電気代や水道代の領収書で政治活動が制限されるはずがない。自民党は会食費などを経常経費に混ぜていると自白したようなものだ」。

それから、問題となっている団体が「公取委が緑資源機構や業者を立ち入り検査した直後の昨年十一月、突然解散」というのも怪しすぎ

安倍晋三は、政治資金規正法を抜け道だらけのザル法として成立させて逃げるつもりらしい。参院選がなかったら、それすらしないのだろうそれを思うと、参院選後はとんでもないことが続くことになるだろう。被害を最小限に食い止めるには参院選で野党に勝たせるしかない

領収書:5万円以上のコピー添付義務化へ 首相が指示

 自民党は7日、資金管理団体の支出について、人件費を除く5万円以上の経常経費(事務所費、光熱水費、備品消耗品費)に領収書のコピー添付を義務付ける方針を決めた。資金管理団体の不動産所有も禁止する。安倍晋三首相が首相官邸に石原伸晃幹事長代理を呼び指示した。公明党と最終調整した上で今国会中の政治資金規正法改正を目指す。

 首相は7日、記者団に対し「政治の基盤は国民の信頼だ。透明性を高める必要がある」と指示の理由を説明した。

 政治とカネをめぐっては、公明党が先月、領収書添付を義務付ける同法改正案の骨子を発表。自民党内には「政治活動の自由確保」などを理由に抵抗が強かったが、松岡利勝農相の光熱水費問題などが尾を引く中、参院選を前に世論の理解を得るには法改正が必要と判断した。

 ただ、領収書は「5万円以上」を対象にしたため、5万円未満の金額に細かく区切れば領収書を添付しなくて済む。また、資金管理団体の支出だけを対象にしたため、他の政治団体に支出を付け替えれば領収書添付は必要ないといった「抜け道」も指摘されている。

【渡辺創】

毎日新聞 2007年5月7日 21時37分 (最終更新時間 5月8日 2時21分)


松岡農水相のナントカ還元水についても、法律が改正されてもそれが過去に遡及しないという理由で逃げようとしているが、安倍首相自身が法改正の理由として「政治の基盤は国民の信頼だ。透明性を高める必要がある」と言っているのだから、その言質を利用して切り返したいところだ。

ナントカ還元水は「国民からの信頼」を得ていないし、「透明性」もない。安倍首相と松岡農水相には、ぜひともナントカ水の疑惑について「国民から信頼を受けており、透明性が高い」ということを誰もが納得できるように示してもらいたい
[PR]
by zarathustra1883 | 2007-05-09 03:33 | 政治ニュース
<< 自衛隊の実力についての新聞記事 同友会の税制改革提言について >>