ブログ「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。気になるニュースや雑感・着想のメモ等(エントリーへのリンク付きTBかエキサイトブログのみTB可です。)
by zarathustra1883
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
政治ニュース
経済・財政
軍事・防衛
今日のひとこと
日記
思想
歴史・歴史学
世界情勢・外交
イラン
朝鮮半島
中国
社会
福祉
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
最新のトラックバック
貧富の差が拡大、ドイツ国..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
私のお金、誰の人件費??
from muse-9
チベット自治区 ダライラ..
from みつけたネタ
海上自衛隊の給油量、80..
from ☆今日の時事問題☆彡時事問題..
お友達内閣
from アドベンチャーゲーム
安倍総理の通信簿 その2
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
リンク
フォロー中のブログ
検索
タグ
(48)
(40)
(39)
(31)
(29)
(26)
(25)
(23)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(14)
(11)
(9)
(8)
(7)
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


雑なメモ

「地域主権」という言葉が最近たまに目につく。おかしな言葉であるように感じられる。「主権」というものは、最高の権力であって、他からの干渉を受けないという意味での「対外的な独立」という側面を持っているのであるが、一国内での「地域」に「主権」があるとすれば、その地域には日本であれば日本国憲法の法的効力が及ばないというニュアンスを含んでしまいはしないか。行政の問題として、中央政府の指示に従うのではなく、地方の行政府が地域の問題を決めるとか、究極的には地域住民が意思決定するという意味合いで使われていることは分かるが、いかにも胡散臭い概念であることは確かである。


住民に近い政府が決定する方が良いのだということを大阪府の橋本痴事がメルマガで書いていたようだ。(読むに値しないと判断し、きちんと目は通していない。)「地方分権」論者の常套句だが、これは明らかに間違っている。住民の近くにある政府だからと言って、その政府の活動が住民にとって近いとは限らない。実際、われわれの多くは、国会で起こっていることや、国会議員のことを、地方議会で起こっていることや地方議会のこと以上によく知っているはずであり、そこで下される決定などに対しても遥かに敏感に反応している。つまり、物理的には遠い中央政府は、地方政府よりも少なくとも情報や政治的なリアクションを起こすことに関しては「近い」ということになるのではないか。
[PR]
by zarathustra1883 | 2009-07-30 01:17 | 今日のひとこと
<< 最近のワイドショーのネタについて 「選挙の顔」を変えても無駄だろう? >>